プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃がん検診に関する記事の紹介

本日6/22発売の週間ポスト(7月3日号)の162頁~165頁に「バリウム検査は危ない」と題して、医療問題に詳しいジャーナリスト 岩澤倫彦氏が連載第1回目の記事を寄稿しています。

この記事の中に、5/27に国立がん研究センターで開かれた「新・胃がん検診ガイドラインの報告会」に関する記載があります。

この報告会には、私も出席しました。

その席上、「この『新・胃がん検診ガイドライン(正確には、有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン 2014年度版)』では、スキルス性胃ガンの早期発見についてどのような考慮がなされているか?。」と質問しました。

それに対して、国立がん研究センター がん予防・検診研究センターの担当者からは、「スキルス性胃ガンや若年層の胃ガンの早期発見は全く考慮していない。」との回答を得ました(5/27に私が記した胃がん検診ガイドライン完成報告会の記事はこちら)。

私の質問と、岩澤氏が指摘する胃がん検診の問題点とは、直接の関係はありませんが、胃ガンの早期発見を実現したいとの想いは共通であると思っています。

興味のある方は、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?。そこには、私が胃ガンになってから知ったこと、すなわち胃ガンにならなければ知らなかったであろうことが書かれています。

<< 事業報告書等を提出 | ホーム | 闘病中の心の持ちよう >>


コメント

40代胃がん患者の海苔です。亀レスですが、昨年5月に金沢で開かれた日本癌学会の市民講座「胃がんで亡くならないために何をなすべきか」(浅香正博北海道大学大学院特任教授)のお話はかなり参考になりますよ。「日本癌学会」「浅香正博」で検索すれば講演の模様がYouTubeでアップされています。一般の胃がんもスキルス胃がんもほとんどがピロリ菌感染が原因と近年わかってきましたが、陽性であっても30歳以下の若年で除菌すれば将来胃がんにかかる可能性はほとんどないそうです(中年以降だと胃がんのリスクは下がるけれど、胃がんになる可能性はゼロにならない)。すでに一部の自治体では胃がん撲滅のために中学生や高校生の時点でピロリ菌検査をし、陽性者には除菌するようにしているそうです。これが全国に広がれば将来、本当に胃がんは撲滅に近い状況になるかも知れません。近年の場合、ピロリ菌は親子感染(おそらく経口感染でしょう、昔は井戸水が感染源だったようですが)が多いと思われますのでまさに私たち胃がん患者の子どもたちにはピロリ菌検査を受けてもらいたいものです。胃がん検診も大切ですが、ピロリ菌検査を義務教育中の中学生時代に全員に受けさせる運動をした方が、いいかも知れません。検査も簡単ですし。

Re: 海苔様

ピロリ菌の退治は重要ですね。若年層から、リスク層別化によるいわゆるABC検診を導入する意義は大きいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。