プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BFL(バイク フォー ライフ)?

日本人の2人に1人がガンになると言われています。もう国民病の域です。ガンは特別な病気ではありません。

ガンになっても普通の日常生活を送ります。もちろん、ガンになった後の日常生活には、ガンになる前にはなかった「治療」という新たな取組みが付加されますが。。。

そして、ガンの進行具合や治療(手術、放射線、抗がん剤など)の影響などで体調が優れず、臥せることがありますが、それは、例えば風邪などで熱が出て臥せっているのと何ら変わりません。

それでも、私が趣味としてバイクに乗っていることに驚かれることが度々あります。でも、ガン患者であっても普通の生活をしていることに鑑みれば、バイクに乗っていても不思議ではありません。

私に限らず、バイクに乗っているガン患者はたくさんいると思います。仕事で乗ってる人もいると思います。

今度、いっぺんガン患者でツーリングでもしてみましょうか?。リレー フォー ライフのバイク版、バイク フォー ライフなんてのがあってもイイんじゃない?。

<< 告知後の選択は迅速に | ホーム | 事業報告書等を提出 >>


コメント

紅光さん、こんばんは イワナです。はい、大賛成です!と言っても僕は愛知ですが(笑) 僕はなんでいまバイクに乗ってるか、ただ術前から乗ってたから(と言っても5年ですが)で、バイクに乗ってると病気のことは忘れるかと言うと忘れませんねぇ(笑)ただ生きてる実感があります。ずっとこの気持ちを忘れないってね。紅光さんもそうじゃないですか? 

Re: イワナさま

こんばんは。できれば一緒にツーリングしたいですね。私は、まだマニュアルに不慣れなため、バイクの操作に集中してしまうので、バイクに乗っている間は病気のことは頭の中にありませんよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。