プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜熱帯でのトポテシン

今日は、2コース2クール目のトポテシン点滴でした。朝一で出かけ、14時に点滴終了でした。

前回は、トポテシンがドーピングされた途端、汗が噴き出し、かろうじて熱帯雨林から生還しました(笑)。

今回は亜熱帯地域で点滴を受けているかのように、じんわりと汗ばむ程度で済みました。

トポテシンの前に硫酸アトロピンを追加で点滴していました。そのおかげで熱帯雨林をさまよわなくて済んだようです。

いろいろな対処法があるものですね。

<< 再来週、金沢へ | ホーム | 安らかに >>


コメント

色んな副作用軽減の薬が開発されてます。
統合治療は進んでいますね。

Re: じゃ様

何年か前に比べれば化学療法も進歩していますね。かつてなら、それこそドラマの世界のように、バケツを抱えて、なんて状況だったでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。