プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再来週、金沢へ

再来週、金沢の病院でお世話になった先生に会いに行きます。

金沢での治療が中断して東京の病院に戻る時、丁度、先生が不在で、挨拶もお礼も言えませんでした。

東京に戻った後、入院やら転院やらでバタバタしていましたが、ようやく落ちついたので、先生に面会のアボを取りました。

多忙であるにもかかわらず、先生は快諾してくれました。

手術まで漕ぎ着けずに終わってしまいましたが、先生には大変に感謝しています。

今、こうしてあるのも、本来、手術不適応であるにもかかわらず、受け入れてくれて、今までと違う治療法をしてくれた先生のおかげです。

腹膜播種を伴う胃ガン治療の第一人者だと思っています。

先生の治療法が、腹膜播種を伴う胃ガン患者の希望の光となることでしょう。

また先生の不敵な笑みを見られると思うと楽しみです。あの笑みは、何とも言えない安心感を与えてくれます。

<< 国会がん患者と家族の会 | ホーム | 亜熱帯でのトポテシン >>


コメント

ほんと出会う医者によって
予後というのは変わってくると思います。
日本の医療制度というのは良い医者に早めに出会うことができれば長生きできるのです。
最初の主治医が標準治療しか頭にない医者か腹腔内でもなんでもやってみようと患者のために努力する医者。前者にかかったらそれはもう悲惨です。

Re: えあえあ様

本当にその通りですね。特にステージIVの場合には。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。