プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

途方にくれる

今朝から、希望の会の複数の会員と電話で話しました。共通しているのは、セカンドオピニオンや転院に関する問題。

今やセカンドオピニオンは患者の権利であり、セカンドオピニオンを受けるのは当然のこと、と認識されているか、認識されつつあると思います。

しかし、実際のところはそうでもないようです。

セカンドオピニオンを口にしただけで不機嫌になる医師が未だにいるようです。診療情報を出さない医師もいるようです。

患者は、医師の顔色を伺い、セカンドオピニオンを申し出たら今の病院から放り出されてがん難民になってしまうのではないか、とビクビクしています。

転院に関しては、患者が望んでも、あの病院には紹介できるけれども、この病院には紹介できない、という状況があるようです。

なかなか患者が自分で病院を選んだり、治療法を選ぶのは難しいようです。

もちろん、セカンドオピニオンでも転院でも快く送り出してくれる医師も沢山いると思います。

ただでさえ多忙な医師にとって、紹介状を書いたり診療情報を揃えたりするのは大変なことだと思います。

でも、患者にとってみれば命に関わることです。医療不信を招かないためにも、医師には患者に親身に接してほしいと思います。

患者側の身勝手な願いかもしれませんが。。。

<< 明るい日常生活 | ホーム | 胃がん検診での見落とし >>


コメント

命ぐらい・・・

自分の命のことくらい身勝手にさせて欲しいですよね。

お医者様も、自分や家族が同じ状況になった時、病院に気を遣ってセカンドオピニオンを受けず、粛々と治療を受けるのでしょうか?教えて欲しいです。

Re: かなしんぼ様

私の元の主治医はセカオピも転院も気持ち良く送り出してくれました。また、転院先の主治医も快く受け入れてくれました。セカオピや転院で嫌な思いをしたことがありません。その一方で、ブログに書いたような扱いを受けてしまう患者がいることも事実です。大変に残念です。

セカンドオピニオンを妨害するような医者がいるとするならば、
医師免許剥奪にしてやりたいですね。
セカンドオピニオンという患者が持つ重要な権利を阻害する悪質な存在です。
そういう医師がいたら関係機関に訴えるべきです。
その点のサポートを患者の会が担うのも良いかもしれません。

「この患者は生意気だ」とか「俺をバカにしてる」とか考えてるとしたらあまりにも幼稚すぎますね。
自分の感情を優先にするような人間が医師をやってはいけないですよ。
私の前の主治医も快く送り出してくれましたから、そんなふざけた医師が世の中にはいるのかと呆れ果てました。

Re: じゃ様

国やがん研のがん対策を担当している人と会う機会があるので、現状を訴えてきます。

医療倫理

職場の病院で、年に1度、
医学博士である顧問弁護士による、
医療倫理の講義があります。

生命倫理の4原則の1つに
(患者が)自分のことは自分で決める、そのために医療従事者は、
治療方針を含む情報をわかりやすく説明すべき説明義務があるという、自律性が示されています。

毎年この様なコトを聞くのですが、
現実的には、わかりやすくの中身に
大きな差がありますよな。

Re: まゆか様

医療従事者と患者との間に、専門用語や専門的な内容を素人にわかるような平易な言い方に変換する通訳や翻訳機が必要かもしれませんね。
生命倫理の原則が徹底されることを望みます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。