プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術成功を祈る

今日は、がん友の手術の日でした。確定診断は、腹膜播種有りのスキルス性胃ガンです。ステージIVです。

本来なら、手術の適応はなく、抗がん剤による延命と症状緩和の治療が行われるはずです。しかし、未就学児の子供がいるため、何としても生きなければならないという強い気持ちで遠方の病院へ通い、術前の化学療法を受けていました。

それが功を奏して、先日の審査腹腔鏡検査で腹膜播種が認められなくなり、胃摘出手術を受けられることになりました。今頃は、手術も無事に終わり、ICUにいることでしょう。

昨日、メールしようかと思いましたが、やめました。何とか心の平穏を保っているであろうところにメールをして、変に手術を意識させてしまってもいけないと思い直しました。

今日一日、手術の成功を祈っていました。きっと上手くいって、手術の成功を喜んでいることでしょう。いや、痛みでのたうちまわっているかも。実際には、体に管がたくさん繋がれていて、動けないでしょうが。。。

胃を切っていない私には、その痛みを想像することすらできませんが、生きていくための痛みだと思って耐えてください。

月末頃には退院でしょうか?。早く元気な顔を見たいです。

<< 残された時間の生き方 | ホーム | 生きている喜び >>


コメント

頑張って下さい

術後は痛くて本当にしんどいと思いますが、応援しています!
一日も早く回復される事を祈ってます!

Re: ハナ様

想像を絶する痛さでしょう。ハナさんの想いもきっとがん友に伝わっていると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。