プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び訴える

昨日の続きです。

無礼な輩からのコメントを読んで傷ついた会員のことを思うと悔しくてしょうがないです。

スキルス性胃ガンが深刻な病気であり、死と隣り合わせにいることを一番わかっているのは患者本人と家族です。

毎日毎日、死の恐怖や、大切な人を失うかもしれないという畏れと向き合っています。

孤独と絶望の中で希望の会の仲間達に出会い、お互いに支え合い、情報を共有しています。

それだけでなく、会の中に自分の居場所を見つけ、誰かの役に立っている、誰かから必要とされている、と実感することができます。

それによって、患者や家族の心持ちに変化が生じ、自暴自棄だった人や落ち込んでいた人が明るく前向きに毎日を送れるようになります。

そのような人達には「死の待ち行列」に並んでいる意識はありません。一日一日を悔いなく生きようと、死よりも、生きるという方に重きを置いて毎日を過ごしています。

確かにガンの患者会である以上、旅立つ人は出てきます。

でも、死は万人に訪れます。そういう意味では、患者会に限らず、どのような組織でもそこにいる人達は皆死へ向かって並んでいることになります。

特異なことでも何でもありません。患者や家族へ向けてわざわざ「特異」と言うほどのことではありません。それなのに敢えてそう言うのは悪意があるとしか思えません。

絶望と孤独を味わい、そこからようやく這い出せそうになった会員が、心無いコメントで再び傷つけられたことが悔しくてなりません。

「死への待ち行列~」というコメントをした方、そのコメントで何を言いたかったのか、何をしたかったのか、もう一度熟考してください。

そして、患者会には、社会から孤立しがちな患者や家族が会への帰属意識を持ち、治療や会の活動に能動的に取り組んでいけるようになる、という素晴らしい一面があることを知ってください。

<< 素晴らしい行列 | ホーム | 激怒 >>


コメント

私もほかのガンブログでそういう心無いコメントを2、3回見たことあります。見てるこっちでも非常に嫌な思いをしましたが、御本人のお気持ちを考えると心が痛みます。
残念ながら世の中には人の痛みが分からないかわいそうな人間がいるみたいですね。
ブログを始める際はそういったかわいそうな人間も観に来る可能性があるということを留意する必要があります。そんなことで免疫下げていては本末転倒ですから。


こんにちは 久しぶりです
世の中にはひどいことを言う人がいますね きっとその人は他人の気持ちなどわからない、どう傷つけてしまうのかわからない人なのでしょう いつの世もこんな輩はいますよね 紅光さんの怒りMAXよーくわかります。こんな輩は何言ってもわからないし相手にするだけストレスになるので無視すればいいと思いますよ。

紅光さま、ご無沙汰しております。
患者会での素晴らしいご活躍、陰ながら拝見しております。

この病でもない個人がコメントを寄せさせて頂くことが
はばかられ、拝読にとどめておりました。
けれど、今回のあまりのことにコメントをしたくなってしまいました。

 なんと心ないことをいう人がいるのでしょう?本当に許せません。

今現在はとても治療が難しい状態のスキルス性胃がん。
でも、今後どのように素晴らしい治療方法が発表されるを
一日でも長くしっかりと生きて「待っている行列」だと
私には思えます。

 私事ですが、健康であると思っていた人間でも思わぬことが日々
おこります。先月私は未破裂脳動脈瘤が7つも見つかり
内一つは早急に手術を要するという7ミリがわかってしまいました。
くも膜下出血の原因となる危険な爆弾を一気に抱えてしまいました。

 人間は毎日どんなことがおこるかわかりません。
私も、今は見つかったことが幸運だと思い、手術までこわごわ
過ごしています。

 思えば人間すべて死に向かって生きています。
その日々をかけがえの無い家族や友人とともに悔いなく歩くこと。
それを「死への待ち行列」といわれればそうでしょう。
しかし、生きとし生けるもの全員が等しくその行列には並んでいます。
心ないコメントをされた方も同じくです。

 病に立ち向かい、スクラムを組み、逃げること無く
まっすぐに前を向く力強い患者会の方々の戦いを
部外者がどうこいうことは決して許されません。

Re: 8/17 7;48にコメントをくれた方へ

励ましのコメント、ありがとうございます。何事にも賛否両論、いろいろな見方が有り、意図せず心無いコメントになってしまったのかもしれません。気にせずに、自分達の信じる道を行きます。温かく見守ってくださる方々の存在が大きな励みとなっています。これからもよろしくお願いします。

Re: イワナ様

お久しぶりです。励ましのコメント、ありがとうございます。私の所に無神経なコメントが来るのならまだ良いのですが、絶望の淵からようやく這い上がり始めて治療に取り組もうと思い始めた患者の元に無神経なコメントが来たことがどうしても許せなかったのです。場合によっては、再び絶望のどん底に落ちてしまい、自暴自棄になってしまう虞がありますから。イワナさんのように応援してくれる人達の存在が大きな励みとなっています。これからもよろしくお願いします。

Re: きちこ様

お久しぶりです。コメントをいただき、大変に嬉しい思いです。勝手ながら、きちこさんを応援団の筆頭と思っていますから。

> 今後どのように素晴らしい治療方法が発表されるを
> 一日でも長くしっかりと生きて「待っている行列」だと
> 私には思えます。

とても嬉しい、素晴らしいお言葉です。そう、そういう行列なのだ!、と気づかされました。この言葉によって患者も家族も勇気づけられると思うので、ブログで紹介させてください。

> 未破裂脳動脈瘤が7つも見つかり
> 内一つは早急に手術を要するという7ミリがわかってしまいました。
> くも膜下出血の原因となる危険な爆弾を一気に抱えてしまいました。

それは大変でしたね。何と言って良いのやら、言葉が見つかりません。

> 今は見つかったことが幸運だと思い、手術までこわごわ
> 過ごしています。

確かに手術は怖いです。でも、きちこさんは、破裂前に動脈瘤が見つかったという幸運の元にいます。大丈夫です。

私は、楽しいことや嬉しいこと(イベントなど)については、早い段階から楽しみにしてたくさん良い思いを味わい、嫌なことや辛いことについては、その直前まで考えない、ということをポリシーにしています。嫌な気持ちや辛い気持ちを味わうのは、それに直面している時だけで十分、と思っています。また、自分でどうにかできることであれば、とことん考えて最善を尽くしますが、自分の力の及ばないことであれば、悩んで考える分だけ損、その時間を楽しいことに振り分けよう、というふうにも思っています。手術のことは医師にお任せしましょう。

今度は、私がきちこさんの応援団になります。上手くいくと信じています。成功したよ!、との連絡をお待ちしています。

紅光さま

ありがとうございます!なんて心強いお言葉でしょう。
思わず涙がでました。
応援団長、ぜひともよろしくお願い致します!

本当に立場があべこべですね。

来月早々、造影剤CTを行いそこから日程が決まります。
がんばります。

楽しいことや嬉しいこと(イベントなど)については、早い段階から楽しみにしてたくさん良い思いを味わい、嫌なことや辛いことについては、その直前まで考えない、ということをポリシーにしています。

これ!頂きます。

実は、今週末、北海道に旅行に行きます。
脳動脈瘤がわかる前に申し込んでいました。
少しだけ乗馬経験者なので、日程中、山と海岸の90分
乗馬トレッキングに参加しようか迷っていますが。。
「いっちゃおうかなー」という気持ちになりました!
(もちろん医師には相談します)

本当にありがとうございました。
患者会の皆様の「生きるための力あふれる行列」
これからもずっと応援させて頂きます


Re: きちこ様

ぜひ北海道旅行を満喫してきてください。道中、お気を付けて行ってらっしゃいませ。
応援団長、務めさせていただきます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。