プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CT結果&トボテシン

只今、吐き気止めを点滴中。この後、硫酸アトロピンを入れて、その後にトボテシンです。

点滴前の診察で、先週撮ったCTの結果をききました。

5月に撮ったCTの画像と比較して、胃の状態に変化なし、他の臓器への転移なし、でした。

この2週間くらい、痛みが各部にあったので、一応転移を覚悟していたのですが、安心しました。やっぱり筋肉痛だったのでしょう。

ただ、胸椎の骨転移は少し拡がっていました。まだ、日常生活に支障が出る程度ではないのですが。

あまり負荷をかけると圧迫骨折するおそれがあるので、バーベルを背負ってのスクワットはほどほどに、と言われました。

骨転移以外には悪化が見られなかったので、このままトボテシンを継続することになりました。

骨転移治療のためのゾメタやランマークに備えて、今週末、抜歯します。歯の治療さえ済んでいれば、いつでもゾメタやランマークを使えるので安心です。

これを書いている間に、硫酸アトロピンの点滴が始まりました。

点滴しながらパンを頬張っていたのですが、硫酸アトロピンか入り始めると、口の中でパンがボソボソになって固まり、途端に食べづらく、飲み込みにくくなります。

硫酸アトロピンには、唾液の分泌を抑える作用があるので、それで口の中の水分が減ってしまうのでしょう。

いよいよ本命のトボテシンの点滴が始まりました。今のところ発汗もなく、順調です。

先ほどいつもの薬剤師と話をしたところ、抜歯する予定になっていることを知っていました。薬剤師の元に私の病状や治療等の情報が届いていたのです。

この病院では、薬剤師を交えたチーム医療がきちんと機能しているということを実感することができました。

<< 大阪での勉強会のお知らせ | ホーム | 昨日は更新せず >>


コメント

素晴らしいチーム医療!これが標準になってくれれば、と願わずにはいられない(ノ_<)

Re: かなしんぼ様

本当にそうですね。日本全国どこでも均しく素晴らしい医療が受けられると良いですね。特にスキルスを含め、希少がんや難治性がんに関しては、病院ごとのばらつきが大きすぎるように思います。

効きが良くてガンをコントロールしてるみたいで安心しました。できることならトポテシンでガンを制御して、ラムシルマブは控えになったら理想ですよね。

Re: り様

ありがとうございます。今のところ、ラムシルマブが最後の薬なので、できるだけ長くトポテシンを続けたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。