プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再発

スキルス性胃ガンに限らず、ステージIVであったり、腹膜播種ありのガン闘病ブログを読むと、再発の多さに愕然とします。

スキルス性胃ガン以外のガン種については詳しくないので、スキルス性胃ガンに限って書きます。

腹膜播種がある場合には、ステージはIVで根治手術の適応はありません。腹水や腹腔洗浄水の細胞診の結果が陽性である場合も、ステージIVで根治手術の適応はありません。

術前補助化学療法が奏功した結果、審査腹腔鏡で腹膜播種が認められなくなり、腹腔洗浄細胞診も陰性になると、胃摘出手術を行えることがあります。

また、術前補助化学療法と腹腔内投与とを併用した結果、腹腔洗浄細胞診が連続して数回陰性になると、胃摘出手術を行えることがあります。

あるいは、多少の腹膜播種があっても減量手術と温熱化学療法(HIPEC)とを行って、胃と腹膜を切除することもあります。

これらの手術は、根治を目指したものなのでしょうか?。再発例が多いことを考えると、やはり運が良ければ根治に至ることもあるが、元々、腹膜播種があったので根治を望むことは厳しいのではないかと思ってしまいます。

「運が良ければ」というのは、術前に完全に腹膜播種が消滅し、原発巣から腹腔内にこぼれ落ちたガン細胞や、リンパ液や血液に乗って全身を巡ったガン細胞が死滅していれば、ということです。

僅かでもどこかにガン細胞が残っていれば、再発の危険性は十分にあるわけです。その危険性をできるだけ低くするために、術後補助化学療法が行われます。

術後、速やかに補助化学療法を始め、当初の設定期間、補助化学療法を続けることが重要になってきます。それでも、術後補助化学療法をしている間にも、あるいは終了した後でも、再発した例を目にします。

腹膜播種があった患者、腹腔洗浄細胞診が陽性だった患者にとって、手術は通過点に過ぎません。ここで安心してはいけません。再発しないように、生活習慣や食習慣を見直し、再発防止に努めましょう。

術後に補助化学療法を速やかにかつ予定通り完遂できるよう、体力の温存、向上に努めましょう。決して無理をせず、体をいたわりましょう。

せっかくできた手術です。根治して元の生活に戻りましょう。

<< 痛み止めの効果 | ホーム | トポテシンとがん看護専門看護師 >>


コメント

術後化学療法はステージ3以下であれば1年ほど行ってあとは経過観察するのが常道ですが、ステージ4は何年もやるケースが多いと聞きます。
ステージ4は手術するにしても抗がん剤とは長い付き合いになるため、術後の落ちた体力をどう維持するかは本当に重要な要素ですね。

Re: よさこい様

まさにその通りで、場合によっては一生抗がん剤を続けなければいけないかもしれません。体力が落ち、副作用が強く出て抗がん剤中止になったら、抑えられていたがんが暴れ出すおそれがあります。基本的にステージIVに根治はありませんから。患者としてできることは体力維持くらいでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

がんと共存していく

手術までは、そこが目標のような気がしてしまいますがおっしゃる通り、ステージ4の場合手術できてもできなくても、全身にがん細胞が居るよって事なので、続けられる治療を続けていくことが、生きていくことだと感じます。
ストイックにというよりは、息抜きしながらうまいさじ加減でっていうのがミソかなと感じる今日この頃です。

Re: 9/16 20:47に秘信をくれた方へ

患者でも家族でも、先の見通しを知り、それに備えて心の準備をし、今すべきことは何か、ということを悟ることが大切なことだと思います。私のように根治が見込めない場合には、特にそうです。根治が見込める場合には根治が希望となりますが、根治だけが希望ではありません。根治が見込めなくても、先を知ることで残された時間を有意義に過ごすことができます。それこそが私にとっての希望です。

Re: まゆか様

正におっしゃる通りですね。治療は新たに増えた仕事の一つです。ステージIIIまでで根治が見込める場合には期間限定の仕事が一つ増え、ステージIVで根治が見込めない場合には一生涯続けられる仕事ができた、ということだと思います。もちろん仕事ですから、山あり谷ありですが、一生続けるにはいつもMAXで臨むのではなく、上手い塩梅でいくのが肝要かと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。