プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のマザーテレサと

今日は、新宿区にある「暮らしの保健室」を訪ね、日本のマザーテレサと呼ばれる秋山正子室長に会ってきました。

秋山室長は、長年、地域に根ざして地域住民と医療機関との橋渡し的な役割を果たしてきました。

また、最近では、がん患者がいつでも集えるマギーズ東京の創立に道を開きました。

暮らしの保健室は、迷える患者に寄り添い、話を聴き、解決の方策を患者とともに探る活動、患者を適切な医療機関や支援者、支援団体へ繋ぐ活動をしています。

患者会としても、その患者サイドに立つ理念は、とても参考になります。

最近、患者会としてどのように個々の患者に寄り添えるのかと悩んでいました。

長年、実際の現場で患者に寄り添ってきた秋山室長の言葉には胸に響くものがありました。

希望の会の今後の活動指針がおぼろげながら見えてきた気がします。

お休みのところをわざわざ私どものために「暮らしの保健室」を開けてくださり、ありがとうございました。

大変に有意義な時間を過ごせ、勉強になりました。


<< 大阪へ | ホーム | 今朝もオピオイド鎮痛剤 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。