プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌に関する新聞記事

昨日の読売新聞の夕刊に「『がん』手術か放置か 相反する医師が討論」との記事が掲載されていました。6月29日の午後7時からBSフジで放送されます。

私は、今、手術によって病巣を取り除くことを目指して、術前抗がん剤治療を続けています。従って、放置する、という選択肢はありません。ただ、手術派医師と放置派医師との討論を通して、両者の言い分や、それぞれのメリット、デメリットなどが見えてくると思うので、とても興味があります。

↓記事はこちら(クリックすると拡大表示されます)
2014年6月23日、読売新聞夕刊より

また、今日の読売新聞の朝刊に「がん患者の暮らし豊かに 28・29日、東京でアイデア展」という記事が掲載されていました。国立がん研究センター中央病院で開かれます。今回は、「働く」というテーマです。

私は、自営業で、在宅で仕事をしています。従って、会社を辞めたり、休んで入院や通院することはありません。しかし、休業して闘病したり、休業していなくても、入院や通院のときには仕事ができないので、収入が激減します。そこら辺のことが今回のアイデア展で多少なりとも解決できることを期待して、行ってみようかと思っています。

↓記事はこちら(クリックすると拡大表示されます)
2014年6月24日、読売新聞朝刊より 追記(2014/07/03)
読売新聞社に、記事の写メを掲載する許可を得ていませんでしたので、削除します。

<< 4年後も観られる? | ホーム | 嬉しい >>


コメント

こんにちは
実は私も自営業、個人事業主なんです。1月に手術して仕事は激減、なんとか家内がやりくりしてくれてますがちょっとピンチになっていますー笑ー(笑い事ではないですが) それに困ったことにTS-1の副作用で倦怠感がバリバリ!仕事がなかなかやる気にならないのです。もう術後5か月になるというのに!これには実際困っています。TS-1の影響もあると思いますが来月検査でCTとかやる予定でどういう検査結果がでるかと言う心配もあります。やはり転移再発の恐怖はいつもあります。こういう時の保険はありませんからね~-笑ー 家族の生活もあるのでなんとか昔のように仕事をやっていかないといけないんですけどね。
なんか私の愚痴になってしまいましたね スイマセン!ではまた

Re: タイトルなし

イワナ様

コメント、ありがとうございます。
先月、取引先から「少し仕事を手伝ってほしい。」との連絡があり、細々と手伝っています。ただ、抗がん剤の副作用なのか、目が痛い、というか、目が熱い感じがして、目を開けているのが辛くなります。そのため、午前、午後にそれぞれ2時間位しか仕事をしていません。時間だけ比較すれば、健康であった頃の1/3程度の時間です。それでも、少しは生活費の足しになりそうです。今年は年収ゼロかも、と覚悟していたので、ありがたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。