プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再発のリスク

手術を受ける前には、主治医からリスクの説明を受け、同意書にサインします。その説明には、どの程度、再発のリスクがあるのか、という内容は含まれているのでしょうか?。

スキルス性胃ガンは、再発率が高いと聞きます。ステージIIIで遠隔転移がなければ、再発せずに長期生存も望めます。

腹膜播種や遠隔転移を起こしているステージIVではどうか?。根治手術は不適応です。化学療法による延命と症状緩和が主な治療法です。

ただし、術前補助化学療法が奏功した場合、胃の切除手術を行うことがあります。私が気になっているのは、その場合に再発リスクの説明があるのか、ということです。

術前補助化学療法によって腹膜播種や遠隔転移が一見、消えたように見えても、一度は腹膜やリンパ節や他臓器への転移があったわけです。癌細胞が腹腔内にばらまかれたり、全身を巡ったかもしれないのです。

抗がん剤によって、全身に散らばったかもしれない全ての癌細胞が死滅していれば再発のリスクはグンと下がります。しかし、原発巣意外に散らばったかもしれない全ての癌細胞が死滅したことを証明することはできません。

見た目癌細胞がなくても遺伝子レベルではガンが検出されるという報告があります。その通りだとすれば、CTやPET-CTや腹腔洗浄細胞診などでガンを確認できなくても、手術後に再発するリスクはそれなりにあるのではないでしょうか。

主治医は、そのことを患者に正確に伝えているのか、はなはだ疑問に思うことがあります。

ましてや、腹膜播種を残したまま、あるいは他臓器への転移を残したまま原発巣(胃)を摘出した例もあります。姑息手術かガンの総量を減らすための手術であれば、それもありでしょう。

その場合でも、おそらく主治医と患者との間で認識のギャップがあるような気がしてなりません。

医療者側の認識は、根治手術ではなく姑息または減量の手術であり、手術しないよりも症状緩和や延命の効果を期待できるから、腹膜播種が残ろうと他臓器の転移が残ろうと原発巣を切除するということのような気がします。

それに対して、患者側は、手術によって根治できると思っているのではないでしょうか。一般に、今や胃ガンは治る病であり、治るための手だては胃の切除であると言われています。

しかし、スキルス性胃ガンは、そんな甘いものではありません。

医療者側がかなりの確率で再発するであろうと思っているのに、患者が根治可能と思って手術に踏み切っていたのでは、悲劇です。

医療者には、再発のリスクも含めて手術の説明をしてほしいと思います。患者には、その説明に納得した上で手術に踏み切ってほしいと思います。もちろん、再発のリスクを考慮した結果、手術をしないという選択があっても良いと思います。

要は、単に同意書を取るのではなく、インフォームドコンセントをきちんとしてほしいと思っています。医療者側と患者側との認識のずれによる悲劇を生まないためにも。

<< トポテシンで汗 | ホーム | 恐る恐る >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 9/27 22:51に秘信をくれた方へ

こんにちは。お気遣いいただき、ありがとうございます。公開していただいて構いません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。