プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての放射線治療

放射線を当ててきました。9番目の胸椎に取り付いた癌細胞が髄腔に達して神経を圧迫しているようです。当然、痛みがあり、常時、痛み止めを服用しています。

1番目の胸椎にも転移していますが、こちらは神経に影響を及ぼしていないので、治療は後回しです。

冷房が効いて寒い中、放射線を当てる装置の台の上に半身裸で横たわり、まずは位置合わせをしました。胸には、先日のCT検査の際に看護師に油性ペンで描かれた十字のマークが。

放射線技師が私の体の位置や向きを、何度もクイっと微調整してくれます。その度に左脇腹に激痛、とまではいきませんが、鋭い痛みが走ります。

体勢が決まったら、あとは動かしてはいけません。そう技師に言われているのですが、眠くなってしまいました。

眠ってはいけない、眠ったら体が動いてしまう、と思いながらも、ついウトウトしてしまいました。

その後、放射線が出る窓と胸の十字マークとの位置合わせを行いました。この間も殆ど眠っていました。

「位置合わせが終わったので、これから照射します」との技師の言葉に目が覚めました。が、ほんの数十秒の照射の間もウトウトしていました。

痛くもかゆくもないので、眠れてしまいます。

明日も昼寝をしに行くようなものでしょう。

<< 放射線治療と名古屋勉強会 | ホーム | スキルス冊子原稿 紅光案のFIX >>


コメント

こんばんは

紅光さま
こんばんは。お疲れさまでした。
痛いのつらいですよね…。
今夜ゆっくり休めますようお祈りいたします。
いつも月並みな言葉ですみません。
紅光さまのご日記拝見しまして、ホッとしました。心配しながらホッとするのはなぜなのでしょうか。
いつもありがとうございます。
おやすみなさい。

Re: みぃち様

いつもありがとうございます。今日も放射線を当ててきました。今、帰りです。未明、痛みで目が覚め、痛み止めを飲みました。愛犬が外に行きたそうな顔をしていたので、そのまま散歩に行きました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。