プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしい勉強会

名古屋での勉強会が終わり、帰りののぞみの中です。

今日の勉強会は、私の以前の主治医でスキルス、腹膜播種のエキスパートです

名古屋での学会を抜けて勉強会の会場jに駆けつけてくれました。2時間限定でしたが、その2時間をフルに使って、スキルスのこと、腹膜播種のこと、種々の治療法、症状、等々、スライドや動画を交えてわかりやすく説明してくれました。

患者や家族が知らされていないこと、知りたくても知ることができなかったことなど、おそらくほとんどの人が初めて知る内容だったと思います。

その内容、先生の患者を思う心に涙する人もいました。私も、思わず涙が落ちそうでした。私が、スキルスの人達に知っておいてほしいことを全て網羅した内容でした。

聴講した人達からも賞賛の声が上がっていました。今日のこの機会を逃したら、なかなかスキルスや腹膜播種の知識を得る機会はないのでは、と思えるほどでした。

勉強会後、先生は学会会場に戻り、発表をするとのこと。

学会発表用の資料の作成に加えて、希望の会勉強会用の資料の作成、さぞかし忙しかったことでしょう。

一時であれ、私はこの先生に診て貰えたことを誇りに思います。スキルス、腹膜播種に真剣に取り組んでいる先生達は、皆、患者を一人でも救いたい、と思っています。

そのような先生達がいること自体が、難治性のガンを患った私達には大きな希望となります。

H先生、ありがとうございました。


<< シンポジウムと今の思い | ホーム | ポンコツ >>


コメント

お疲れ様でした。ありがとうございます!
行きたかったです。まだまだ知らない事がいっぱいあるのですね。
気温差が激しい一日、体調管理に気を付けて下さいね!

Re: さあやん嫁様

さあやんさんの具合はいかがですか?。さあやん嫁さんも支えていくのは大変だと推察します。お二人とも無理をしないで。来月、関西へ行くつもりです。それまで、ゆっくりと体を休めていてください。

お帰りなさいませ

紅光さま
おはようございます。お帰りなさいませ。
有意義なご講演だったとのこと、よかったです!
患者さんの立場に立っての親身なアドバイスには「寄り添う」そして「共に生きる」という真心が籠められているように思いますね。
ご記事拝読しておりまして、私まで目頭が熱くなるのを覚えました。
雨の日曜日、少しお体お休めくださいね。

Re: みぃち様

こんばんは。
患者に寄り添ってくれる医療者との出会いは貴重です。出会えた私は恵まれています。
今日は、わたしのがんnetさんが開いたシンポジウムにパネリストとして登壇してきました。今、慰労会が終わって帰るところです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。