プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ち悪いけど食べられる

今日も放射線治療に行ってきました。照射装置のトラブルで調整に手間取り、予約時刻を1時間ほど過ぎて治療終了となりました。

待っている間、読みかけの雑誌(徳川15将軍に関する本)を読んでいたので、アッという間でした。もう30分位、調整に時間がかかってくれれば、読み終えたかも、という感じでした。

トポテシンは、点滴後から嘔気がして不快なのですが、なぜか食事はOK。食べられるんです。シスプラチンは、ダメです、全く食べられませんでした。

病院を出て、ミッドタウンへ行き、ガーデンテラスでピザをペロリさ、と食しました。でも、やっぱり多少しんどいです。

また明日も放射線治療です。

<< 放射線7日目終了 | ホーム | トポテシン&放射線照射 >>


コメント

お疲れ様でした

紅光さま
こんばんは。お疲れになられたでしょう。今頃ゆっくりおやすみになられているとよいのですが。
ご本お好きなのですね。私も好きです。最近は目が悪いので読書量そのものが減りましたが。今度オススメの本をお教えください。
今夜から明朝にかけて冷え込むそうです。暖かにしておやすみなさい。

食べることの大切さ

本当に副作用は人によって出方はマチマチなんだけど、今私は食欲がなくて困っています。
何が食べたいのか分からないのです。食べられそうに思ってもいざ目の前に出ると食べられなかったり、勿論調理している段階で「もういいわ」になったり。まともに食事を作っていません。
シスプラチンもなかなかキツイお薬でしたが、こんなに長引く事はなかったです。
副作用ではなく、多発性肝転移のせいだろうか…と少し気弱になってます( ;´Д`)
食べられるということは本当に大事な事ですよね。

Re: みぃち様

こんばんは。昨夜は早々と眠りにつきました。元々、ノンフィクションものが好きで良く読んでいたのですが、抗がん剤治療を始めてから、文字を見るのが億劫になり、あまり読まなくなってしまいました。今一、読もうという気力が湧いてきません。いけないですね。

Re: かよんぼ様

やはり食べられないのは辛いですね。嘔気を我慢しつつ食べるのも気持ちの良いものではありません。それでも食べられるだけマシですね。弱気は禁物!。かよんぼさんが食べられるようになるのを祈っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。