プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤投与への拒否反応

前回の投与あたりから体が拒否反応を示し始めています。

トポテシンに対して、てはなく、硫酸アトロピンに対して、です。

抗がん剤点滴時でなくても、それを思い浮かべるだけで、口の中が、なんとも言えない、硫酸アトロピン点滴時の変な味を感じてしまい、吐きそうになります。

実際の点滴時には、吐き気を催さないように気を紛らわしています。

点滴中、眠ってしまうのが一番良いのでしょう。

今日はなんとか硫酸アトロピンの点滴を終え、今、トポテシンを点滴しています。

次回は大丈夫だろうか?。一応、毎回、エチケット袋持参です。

<< その都度、説明を | ホーム | 昨日の続き >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。