プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんサロン

先月のシンポジウムで一緒に登壇したパネリストが旅立ちました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

彼は、スキルス性胃ガンではないのですが、難治性の希少がんの患者でありながら、がんサロンを運営していました。

がんサロンは、がん種を問わず、患者でも家族でも友人でも、どなたでも参加できるそうです。

その場に医療従事者がいたりすることもあるようです。

がんサロンは、月に1回、2回と、ある程度、定期的に開かれ、病気の治療法などに限らず、就労や経済的なことなど、様々な話が参加者の間で繰り広げられるようです。

悩める患者からいろいろな悩み事を聞いたり、悩みごとの解決策を一緒に模索したりするそうです。
希望の会のようにがん種を制限している患者会とは、ある意味、対極にあるのかもしれません。

希望の会では、主にスキルス性胃ガンとはどのような病気か、どのような治療法があるのかなど、スキルス性胃ガンに特化した情報が中心となります。

最近、少しずつ地域との連携など、スキルス性胃ガンから離れた活動も始めてはいますが。。。

先月のシンポジウムでがんサロンの話を聞き、その重要性に気がつきました。

スキルス性胃ガンに関する情報や活動については希望の会で行い、がん全般に関することについてはがんサロンが担うのが良いのかも、と思っています。

がん種を問わず交流を持つことによって、また普段接することがあまりない主治医以外の医師、がん専門看護師、相談センターの担当者などとおしゃべりをすることによって、闘病生活に対する視点がちょっと変わるかもしれません。

がんサロンに来てくれる医療従事者や相談センターの担当者などは、患者のためにできることをしたい、という熱い情熱を持っています。

熱い情熱を持っていなければ、ただでさえ忙しいのに、プライベートな時間を割いてまでサロンに来てくれません。

家の近くや職場の近くでがんサロンやがんカフェといった催しがあったら、ぜひ参加してみてください。

医師って雲の上の人じゃないんだ、こんなにフランクに話ができるんだ、とか、相談センターってこんなことも相談できるんた、など、今まで知らなかったことや気づかなかったこととの出会いがあるかもしれません。

また、サロンを通じて、支援してくれる人の人脈が広がるかもしれません。

患者は治療と日常生活との両立で疲労困憊し、体調が優れないこともあって、引きこもりがちです。

でも、まずは一歩を踏め出してみる、そこから始めましょう。これからの闘病生活の中で何かが変わると思います。

積極的に動けば必ず得るものがあります。待っているだけでは、「何か」は手に入りません。

今後、希望の会でもがんサロンを開きたく、医師やがん専門看護師の協力を取り付けました。

近いうちに実現をしたいと思っています。

<< 眠い | ホーム | その都度、説明を >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。