プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく眠れませんでした

昨夜は、よく眠れませんでした。22時半に寝たのですが、2時半頃に目が覚めました。

その後は、なかなか寝付けず、高校時代のことを初め、いろいろなことを思い出して、うつらうつらしていました。もしかして手術ができずに、このまま抗がん剤治療で最期までいくのかも...、という不安があったからでしょうか。

外来で9クール目のドセタキセルを点滴しているときに、既に立ち直った、と思っていましたが、夜中に一人で目覚めていると、ネガティブな発想になり、ついつい後ろ向きになってしまいがちです。昼間はポジティブで前向きになれるのに、夜中は妄想が走り出してしまい、ダメですね。

結局、いつもより少し早く、4時前に起き出して、気持ちを前向きに切り替えて、人参ジュースを作り、ごくごく飲み干して、愛犬の散歩に行きました。散歩で愛犬に癒されました。散歩の途中で、しみじみと皮が剥け始めた手を眺め、思わず写メしました。そうしたら、なんと愛犬がフレームインしてました(笑)。

↓愛犬フレームインの写メ
皮剥けの手(愛犬とともに)

また、あのボロボロの手になるのかと思うと、少し憂鬱です。でも、病気に勝つために抗がん剤治療をしているのだから、手の皮ぐらい、どうってことないですよね。

9クール目も頑張ります。

<< 前向きにいこう | ホーム | 看護師Mさんからの情報 >>


コメント

おはようございます イワナです

僕も毎朝、愛犬(ビーグル)の散歩に行ってますよ
うちのかみさんは病気のことは気にするなって言うけど
なかなか難しいですよね 本人じゃないとわからないと思います
僕もたまに考え込むことはよくあります。
でもそれではダメだと思っていますよ、心まで病んでしまっては勝てるものにも勝てなくなってしまう。
ここのブロガーさんでも明るく生きてる人ほど元気があると思います。
強い気持ちで頑張りましょう。

Re: おっしゃる通りですね

イワナ様

いつもありがとうございます。
確かに落ち込んでいてはダメですね。イワナ様のコメントに、いつも勇気づけられています。バイクといい、愛犬といい、年齢も近いですし、共通点が多く、親近感を感じます。
これからもよろしくです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。