プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続き

昨日の記事で、市民講座や講演会や勉強会に足を運んでみましょう、と書きました。

今日はその続きです。

では、どのような講座や会に参加すればよいのか?。初めは標準治療を扱ったものが良いと思います。

標準治療は、科学的根拠に基づいて、現時点で多くの患者に最も効果的であると考えられる治療法です。安全性も確かめられています。

その標準治療とはどういう治療なのか、まずはこれを知らなければ、治療を選択する際の尺度となるものがなくなります。

ここで注意したいのが、セミナーとか称して、代替療法や民間療法を自由診療で行うクリニックや会社が行う説明会のようなものがあります。私も、過去2度ほど、そのような説明会に行ったことがあります。

代替療法や民間療法には、科学的根拠がはっきりしていないものがあります。当然、自由診療のため、治療費は高額です。1クールでウン百万円することもあります。

最初にこういう科学的根拠に乏しいものに参加してしまうと、大抵は体に優しいとか、劇的に良くなるとか、余命数ヶ月の患者が治ったとか、耳障りの良いことを言われて、惑わされます。

そして、説明を聞いているうちに、上手く誘導されて、その気になってしまいます。

初めに標準治療の勉強をし、科学的根拠のレベルの高低が何で決まるか、などの知識を習得していれば、何とかクリニックとかの説明会の内容を客観的に評価することができます。

私は、何が何でも標準治療、と言っているわけではありません。代替療法や民間療法を選択したい人もいるでしょう。

その際の選択の基準に標準治療を据えて、代替療法や民間療法のメリット/デメリット、ベネフィット/リスクを比較検討すれば良いと言っているのです。その比較項目の中には、もちろん「経済的な負担」も入ります。

1クール当たりウン百万で2クール、3クール続けないと効果が出ない、などとなると、その治療費はもはや副作用の一つです。それだけの費用対効果が望めるのか、よく考える必要があるでしょう。

経済的にも優しい治療であれば、気軽に始められるかもしれません。経済的に無理のない範囲で治療法を選択する、というのも大事な要素です。ガンの治療は数ヶ月で済むものではなく、何年とかかるものですから。

繰り返しになりますが、まずは標準治療を良く勉強することが大事です。標準治療を誤解したまま代替療法や民間療法に走るのは賢いやり方とは思えません。

ぜひ、学会など信頼できる機関が行っている公開講座や、先日のキャンサーフォーラムなどに参加してみてください。正しい知識を得られたり、玉石混淆の情報の中から正しい情報を拾い上げる力がついたりします。

そこから、開ける道が必ずあります。新たな出会いがあります。自分の殻を破って外に出てみることをお勧めします。

<< 余命 | ホーム | まずは一歩を踏み出すこと >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。