プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緩和ケア外来

今日は、2週に1回の緩和ケア外来の日でした。

いつも通り、体調はどうであるとか、気持ちの辛さはどうかなど、丁寧に問診をしてくれます。

問診の後、眼や口腔内の様子を見てくれます。また、首のリンパ節、胸、腹部、脚などを触診してくれます。

黄疸の程度、リンパ節の腫れ、腹部の硬さ、脚の浮腫などを診てくれているのだと思います。

腫瘍内科で抗がん剤の投与を中心とした治療をしてもらい、緩和ケア外来でメンタル面も含めた全身状態の治療をしてもらっています。

両方で診てもらっていることで、安心して治療に専念できます。大変に恵まれた環境にいると思います。

今かかっている病院には緩和ケア病棟もあるので、終末期にはそこにお世話になることもできます。

今はまだ緩和ケア病棟への入院を必要としていませんが、そのうちに緩和ケア病棟を見学し、いつでもお世話になれるようにしておこうと思っています。

<< 希望の会 勉強会&交流会 | ホーム | 余命 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。