プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強会&交流会を振り返って

昨日の会は大盛況でした。

日本医科大学武蔵小杉病院の腫瘍内科医 勝俣先生に、抗がん剤と緩和ケア、インチキ療法などについて話をしてもらいました。

普段、主治医からはなかなか聞ける話ではないので、皆さん食い入るように耳を傾けていました。

大変に有意義なお話で、一人でも多くの患者や家族に聞いてほしいと思いました。

質問もたくさん出ました。皆さんの関心がたかいことがわかりました。勝俣先生は、その一つ一つに丁寧に答えてくれました。

勝俣先生は毎週、日本全国のどこかで勉強会や講演等をしています。

近くで開催されるのを見つけたら、ぜひ足を運んでほしいです。必ずや得るものがあります。

勉強会後の交流会では、勝俣先生を囲んで座談会形式で、聞きたいことなどワイワイとお喋りをしました。

途中、希望の会を応援してくれている、がん研有明病院の緩和ケア医 兼村先生が駆けつけてくれました。

兼村先生を囲む島もできて、ここでも話が盛り上がっていました。

何人もの会員が、兼村先生の話はとっても良かった、と感想を寄せてくれました。

交流会後の飲み会では、希望の会を応援してくれている、北里大学病院の乳腺・甲状腺外科の谷野先生が大阪の会議後、飛んで帰ってきて参加してくれました。

谷野先生とは常時、連絡を取り合い、いろいろなコラボを模索しています。

今週末は、谷野先生の地元、和歌山へお邪魔し、そこで開かれるJAZZマラソンに参加される和歌山の患者会の皆さん(黄色いTシャツを着たパンダ達らしい)を応援することになっています。

谷野先生も会員の不安な気持ちを丁寧に聞いてくれていました。そのおかげでしょう、その会員さんは、治療を頑張る、と笑顔で帰って行きました。

多忙を極める中、先生方、ありがとうございました。希望の会は、このような患者や家族に寄り添ってくれる熱いハートを持った先生達に支えられています。

この記事を、東海地方の会員と交流を図るため、名古屋へ向かう途中ののぞみの中で書いています。

交流会はもちろん、一人でも多くの会員に会って、交流を深めたいと思っています。

<< ケモ&CT | ホーム | これから勉強会へ >>


コメント

ご盛況何よりです

紅光さま
こんばんは。お疲れ様です。
ご盛況何よりです!
そうですね、私もチャンスがあればぜひ拝聴したいと存じます。
これからまたご移動ですか。ハードですね(^-^;
お気をつけてお出掛けくださいませ。
またリポートお待ちしております。

Re: みぃち様

こんばんは。
移動を終え、家でゆっくりとしています。明日はCT検査と抗がん剤の点滴です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。