プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

患者力

昨日の記事では、医療従事者、特に医師の説明不足について書きましたが、医師の話す内容を理解するには、患者が自分の病気の知識を持つことも大事です。

もちろん、告知の時には医学的なことや病気のことなど知らなくても当たり前です。

でも、告知を受けた後、ある程度のことは調べて知識を蓄えないと、勘違いや思い違いを正すことはできません。知らなかったことを知ることもできません。

ず~っと勘違いしたまま、知らないままでいってしまうと、治療の分岐点に来た時に選択を誤ることもあります。

また、余計な不安に駆られて心身ともに疲弊してしまいます。

現実を受け入れたくない、目を背けていたい、という気持ちはわかります。

しかし、受け入れまいが、背けようが、病気という事実は変わりません。

受け入れない、背ける、と宣言すれば、あるいはそう思えば病気が治ったり、なかったことになるのなら、誰でもそうしています。

そうならないから、正面から病に向き合い、治療していく必要があるわけです。

その際、正確なことを知らなければ不安は増すばかりであり、正しい判断をすることができなくなります。

ぜひ患者や家族には、今直面している病を受け入れ、向き合い、正しい情報を手に入れるよう努めてほしいと思っています。

そして、最初に書いたように、医師の説明を理解できる程度の知識を蓄えてほしいと思います。

<< 年内の予定 | ホーム | 医師に願うこと >>


コメント

医者は万能ではないという前提に立てば患者は受け入れる努力をしなければいけませんね。
前の記事のようにコミュニケーションが上手く取れない医者もいます。
そうした医者に当たったときに患者力が試されはずです。
その時に眉唾の免疫療法、遺伝子療法といった類に引っかからないようにだけして頂きたいですね。間違った方向へ患者力が向いたら悲劇につながります。
先ずは臨床試験や新薬の治験の調査、あるいは有望な治療法を確立している病院へのセカンドオピニオンといったことを優先して頂きたいです。

Re: n様

患者会として正しい情報を発信し、多くの方に患者力をつけてほしいと思っています。一人でも多くの患者がまっとうな治療を受けられるように。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。