プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニボルマブ(オプジーボ)

免疫チェックポイント阻害剤の一つであるニボルマブ(オプジーボ)は、今のところ胃ガンでは承認されていません。

治験の段階です。

スキルス性胃ガンの患者の家族から問い合わせがありました。

この患者は、今、とある総合病院で抗がん剤治療を続けています。

ただし、そこの主治医から、標準治療で使える抗がん剤はあと一つしか残っていない、と告げられたとのこと。

また、既に化学療法を継続できるような病状ではない、とも言われたそうです。

問い合わせてきた方は、ニボルマブが未承認であることを知っていたようです。

「ネットでニボルマブを投与してくれるクリニックを見つけました。『一発30万円。低用量を投与するので心配するような副作用は出ない。今かかっている総合病院の主治医には黙ってニボルマブを投与する。何か緊急事態が起こった時には、責任を持てないので、かかっている総合病院で面倒を見てもらえ。』と言われました」、だって。

ビックリです!!!

ニボルマブにすがりたい気持ちは痛いほどわかります。

でも、このクリック、言っていることがおかしすぎませんか?。

主治医に黙ってニボルマブを投与して、何か起こったらその主治医のせいにする、と言っているのです。

怪しいこと、危険なこと、を十分に認識してほしいです。

そもそも化学療法に耐えられるだけの体力が残っていない病状、既に悪液質になっている状態で、さらに化学療法を患者に課すのは如何なものか?。

家族の、化学療法を継続して、何としても復活してほしい、という思いはわかります。

でも、その化学療法で苦しむのは患者です。

家族のために苦痛に耐えて化学療法を続けるのは、間違いではないでしょうか?。

患者は、無意識のうちに家族の期待に応えようとし、化学療法を止めたい、緩和ケアで痛みを取る治療をしてほしい、とは言えなくなってしまいます。

今後の治療において、患者の意志が尊重されることを願って止みません。

<< 臨床試験情報 | ホーム | 無事、帰宅 >>


コメント

民間クリニックは眉唾なところも多いですから、本当に気をつけなければいけません。なんだか未承認の治療を拡大解釈であたかも効くよう思わせるあたりは免疫療法や遺伝子治療などと同じ臭いがします。
標準治療ができない状態であり、体力が低下しているのであれば、低量抗がん剤治療(休眠療法)か漢方治療等の副作用の少ない代替療法を検討してみたほうが良いです。
残念ながらこれらの方法でガンを倒すことは絶対にできません。
しかし、引き分けに持ち込ませることは可能かもしれません。特に前者の低量抗がん剤治療は標準に見放された人々がガンを宿したまま何年も生存しているケースもあるそうです。
QOLも経済的にも絶対にそっちのほうが良いと自分は思います。
ご家族の気持ちは本当によく分かります。大切な人を救いたいがための行為であり、尊重しなければいけません。
でも、少しだけ冷静になってください。

Re: n様

藁をもすがる思いを逆手に取った商売があとを絶たないですね。こういう類のものの胡散臭さを見抜く力もつけなければいけませんね。患者や家族の負担は増すばかりです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。