プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床試験情報

昨日の記事にニボルマブ(オプジーボ)のことを書きました。

問い合わせの主に限らず、希望の会の中でも、当該薬やペンブロリズマブ(キートルーダ)などの免疫チェックポイント阻害剤に対する関心は非常に高いです。

現在、胃ガンに対して使用可能な抗がん剤は十数種類ありますが、2つ、または3つを組み合わせて使用することが多いため、5thライン(第5次治療)程度が終わる頃には、使える抗がん剤がなくなります。

私も、そろそろ薬が尽きてきたようです。おそらく、次の抗がん剤が最後で、それを始めるのもそう遠くはない状況です。

希望の会では、毎月数名、使える抗がん剤がなくなり、積極的治療を終了しなければならない会員が出ています。

一日でも早く胃ガンにも免疫チェックポイント阻害剤が使えるようになってほしいです。

署名活動や臨床試験の促進要請など、患者会としてできることをしていくつもりです。すでに、どうするか、策を練っており、あとは実行に移すだけです。

免疫チェックポイント阻害剤が胃ガンに対して承認されるまでの間をしのぐため、これらの薬剤の臨床試験の実施状況を調べ、希望の会の掲示板に載せました。

全国で実施されている全ての臨床試験を網羅することは困難ですが、コツコツと情報を集め、随時、掲示板に情報を挙げていきたいと思っています。

また、希望の会の会員以外の胃ガン患者に向けても公開していきたいと思っています。

<< 終末期のこと | ホーム | ニボルマブ(オプジーボ) >>


コメント

臨床試験のこわいところは仮にやっていたとしても時期的な問題でオープンではなくランダム化試験に当たってしまうことです。
がん幹細胞標的薬であり、有望な効果が認められたご存知のBBI608も臨床試験という点ではすでにガンセンターなどで行われているようです。
しかし、ランダム化試験であり患者さんを二手に分け、片方は偽薬の投与になってしまいます。
まるで患者の運命を弄んでるようで気分が悪く、もどかしいです。
しかし、これが統計学的な数値を重んじる臨床試験という性質上避けられないのでしょう。
ここらへんもどうにかしてほしいという思いがあります。

Re: n様

本当におっしゃる通りです。標準治療が尽きた後の切羽詰まった状況でプラセボ群に振り分けられたら、それこそ命取りになってしまいます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。