プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステージIVでの胃摘出手術

時々、スキルス性胃ガン、ステージIV、腹膜播種有りの場合の胃摘出手術について、考え込むことがあります。

手術すべきか否か?。

明らかに腹膜播種が認められるか、認められなくても洗浄細胞診が陽性の場合、ステージはIVであり、根治手術の適応はありません。

術前の化学療法により腹膜播種が認められない状態になるか、洗浄細胞診が陰性になると、主治医から胃摘出手術を勧められることがあります。

たいていの場合、患者は手術を受けます。なぜなら、私達は、今や胃ガンは切れば治ると思い込まされているからです。

腹膜播種が認められなくなり、あるいは洗浄細胞診が陰性となったことによって、IVからIIIにダウンステージしたかのような錯覚に陥ります。

元々、ステージIIIであれば、ガイドライン上でも拡大手術とリンパ郭清による根治手術の対象となります。

スキルス性胃ガンの場合、ステージIVの患者が根治手術なしで化学療法だけで延命治療を行った場合、生きていられる期間は数ヶ月からせいぜい2~3年位でしょう。

もちろん、患者一人一人で違うので、中には化学療法だけで5年以上、元気に過ごしている人もいますが。

ダウンステージできて胃摘出手術を受けられるのであれば、もっともっと長生きできる可能性が高くなる、と素人である私達患者は思います。

しかし、間違えてはいけないのは、いくらダウンステージしたからといって、確定診断当初からステージIIIであったのとは違うのです。

一度は腹膜播種があったり、血流に乗ってガン細胞が全身を巡った可能性があるのです。

術中に目に見えない腹膜播種がすでに発生しているかもしれません。

術前や術後の化学療法で、腹膜播種や全身に行き渡ったガン細胞を全滅させることができていれば、再発もなく、根治へ向かうことでしょう。

実際はどうか?、というと、再発する人もいれば再発しない人もいます。その比率はわかりません。

再発する人が少ないことを願います。

じゃぁ、再発するかも、そうであるのなら手術しないか、というと、非常に難しいところです。

ステージIVで手術を受けれなければ、すなわち化学療法だけで行けば、先に書いたように、残された時間は限られたものでしょう。

手術を受ければ、なおかつ再発しなければ、根治を望めます。

手術をする、ということは長期生存への切符を手に入れることになります。

切符を買わなければ、根治という終着駅に着くことはありません。

しかし、手術後、数ヶ月で再発し、驚くほど速く最期まで行ってしまう人もいます。

手術をしなければどうだったのか、それは誰にもわかりません。言えることは、その切符を買ったことを讃えるだけです。

どちらを選択するかは、個々人の価値観、人生観、死生観などと密接に関係してきます。

ただ、ステージIVの患者の場合、ダウンステージして手術できるからといって、安心してはいけない、それだけは肝に銘じておいてほしいと思います。

手術によって根治を手に入れられる可能性がある反面、手術したことにより惹き起こされるリスクがあることも十分に納得しておかなければなりません。

手術後に、こんなはずではなかった、と後悔しないためにも。

<< 根治手術か緩和・姑息手術か? | ホーム | メンテナンス >>


コメント

本当に

結局のところ、個々人の価値観が決めてゆくこと、ですね。切符を買ったことを後悔したのか、しなかったのか?それを聞くことさえできませんでした。
もしがんになだたら全て話してね、と結婚した頃から言われていたのに、内視鏡の絶望的診断結果を伝えることができず、半年後の全摘手術を迎えてしまった主人。知っていたら切符を買っただろうか?会って聞きたいことが多すぎる。
せめて、同じ境遇になってしまわれた方には、わたしのような後悔はして欲しくない、と思います。

Re: かなしんぼ様

切符を買う際に、根治手術の切符を買うのか、緩和・姑息手術の切符を買うのか、という選択があると思います。これについての私の思いを今日のブログで書きたいと思います。この返コメと併せてお読みいただけると幸いです。ご主人の場合は、主治医が、QOLの維持と予後の改善を狙って緩和・姑息手術に踏み切ったのではないか、と思います。そして、おそらく主治医の思惑通り、QOLを保った状態で予後が改善されたのだと思います。根治手術ではなく、緩和・姑息手術であったことを患者と家族が納得できていれば、最善の選択だったのだと、私は思います。悔やむ必要は全くありません。その手術によって、本来失われていたかもしれない時間を取り戻し、かなしんぼさんと二人で濃密な時間を過ごすことができたのでしょうから、ご主人も、きっと空の上でかなしんぼさんにお礼を言っていると思います。勝手なことを書き連ねましたことをお許しください。

選択できる幸せ

今まではブログを拝見し参考にさせていただくだけでしたが、今回初めてコメントをさせていただきます。

私の夫は癌が見つかった時、すでに腹膜やリンパ節に転移していました。
癌のために狭窄した幽門部にステントを入れ、腹腔内化学療法などの治療をしてきましたが、癌の進行がとても早く、ステント内に癌細胞が増殖し再狭窄となり、抗がん剤の副作用もあり食事が思うように摂れません。

体重は10kg以上減り、吐き気と貧血がひどくQOLは低くなるばかりです。

夫は自分の胃に存在する癌が憎く、そこに存在するだけで精神的にも辛いように見受けられます。
たとえ全摘後すぐに再発したとしても、胃を手術できる切符が手に入るのであれば、夫は手術にチャレンジするのだろうと思います。

最初から複数の医師より、抗がん剤を使わないと月単位の余命と言われておりますが、今のところ画期的に抗がん剤が効いているようには感じられません。

でも、できれば一度は土俵(手術)に上がり堂々と勝負させて上げたいと強く思っております。

Re: 南の島Love様

ご主人様も奥様も大変な状況にあり、辛いお気持ちであると心中お察しいたします。
私も一度は土俵に上がりたい、と切に願ってきました。3度ほど土俵下まで行き控えていましたが、名前を呼ばれることなく支度部屋に戻りました。今でも、あの時無理してでも土俵に上がっていれば今日という日が変わっていたかもしれない、と思うことがあります。でも、冷静に考えれば、土俵に上がっていたら今頃は空の上から下界を見下ろしていたことでしょう。
この先、抗がん剤によって何とか幽門部の狭窄が緩和され、体力が回復されて、支度部屋から土俵へ向かえる日が来ることを祈っています。

はじめましつ

こんばんわ
ドセタキセルの初回で入院中8日目
好中球の減少でTS1も中止になり
検索したところ目に止まりました

昭和35年1月生まれなので同じ年?でしょうか

今年の8月に残胃がんステージ3C
肝臓との癒着部分に顕微鏡レベルで転移がみられました
主治医からは、癒着を剥がす際に肝臓の一部を
削ってきたのて悪い部分は取り切ったと判断している
抗ガン剤については予防のためとのことっす

今回のことで 女房と今回担当した主治医からは
前回(2001年)が腹膜播種のステージIVだった
と説明を受けました
14年も前のことながら 当時の 胃ガン=手術優先だった
ことに感謝しています
2001年の進行ガンについてはスマホからの
投稿になるため省略させて頂きますが
退院後も参考にさせて頂きたいと思いますので
よろしくお願いします

Re: ラリーパパ様

初めまして。昭和36年8月生まれなので1こ下です。初発時の手術は大成功だったのですね。素晴らしいですね。残胃への再発はある程度避けられないので、これからの治療に期待ですね。ドセの副作用が軽いことを祈っています。できるだけ正確な情報を書くよう努めますので、お時間のある時にでも覗きに来てください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。