プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働くこと-アイデア展に思う

昨日、「がん患者さんの暮らしが広がるアイデア展2014」に行ってきました。

パネルディスカッションでは、主にお勤めの方を対象にして「治療と働くことの両立」をテーマにしていたようです。パネラーにお二人の癌患者さんがいらっしゃり、貴重なお話を伺うことができましたが、いずれもお勤めの方でした。

私のような自営業者の場合、闘病生活を送るにあたって、休業したら取引先との縁が切れてしまうおそれがあります。無職になるかも、という点では、お勤めの方も自営業者も同じです。自営業の患者さんのお話も聞いてみたかったです。

自営業者の場合、無収入になることを想定して、休業補償のような保険に入っておくのがよいのでしょうか?。かつて、休業補償の保険を検討したことがありましたが、結局、入らずじまいでした。あの時入っておけば...、と悔やまれます。

<< 期待はずれ | ホーム | 病気にも感謝? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。