プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちの授業

昨日の記事で、私の大切な友人と連絡が取れないと書きましたが、昨夜、連絡が取れました。ホッと安堵しました。

痛みや副作用がキツイ、とのこと。少しでもそれらが軽くなることを願っています。

今日は、都内の小学校で開かれた「いのちの授業」を聴講してきました。

講師は、鹿児島でがん患者を支援している団体の方で、がんのサバイバーです。

文部科学省は、小学校、中学校、高校などで、がんの予防や検診などを学ぶがん教育を推奨しています。

「いのちの授業」は、がん教育の授業でもありますが、単にがんの知識を養うための授業でははなく、もう一歩踏み込んで、いのちの尊さ、大切さを説いています。

がんに関する知識は、教科書や参考書を用いて学習することができます。

しかし、いのちは尊く、大切なものであることは、教科書で教えることはできません。

自らががん患者であったり、サバイバーであり、常に死と隣り合わせにいながらも、希望を持ち、限られた時間を自分らしく生きている人であるからこそ語れることです。

6年生の小学生達は、真剣に講師の語りに耳を傾けていました。彼ら彼女らはきっと何かを感じてくれたことでしょう。

本当は、今日の授業を大人が受けるべき。子供達は大人の背中を見て育つ。だからこそ、大人もいのちの大切さを学ぶべき。

そう思いました。


<< 1日目終了 | ホーム | 友人であり同志であるあなたへ >>


コメント

こんばんは

紅光さま
こんばんは。先ほどはありがとうございました。
ご連絡が通じ良かったですね。私もホッとしました。
いのち、そして今ある事。とても大切ですね。
そう思うと景色も、そして行きあう人にも優しくなる事が出来るのを感じます。
今日という日にも感謝しながら、おやすみなさいませ。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 12/19 10:23に秘信をくれた方へ

コメント、ありがとうございます。
どこの病院でも同じ治療が受けられる(均てん化、といいます)と思いがちですが、実際には医師によって対応がマチマチ、ということはよくあります。きっと、その医師は、切除する方が患者の予後が良いと判断したんだと思います。こればっかりは、切除した場合としない場合とで、どちらが予後が良かったか、は比較できないので、そう解釈するしかないですね。

Re: 12/19 10:23に秘信をくれた方へ

返コメが遅くなり申し訳ありません。転移がある状態での胃切除には疑問を感じますが、主治医が「今しか切れない」と判断したのでしょう。決して根治を目指す手術ではなく、来たるべく消化管狭窄などによる通過障害に備えるための姑息手術だったのかもしれません。冊子ができあがりましたら、ぜひ読んでみてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。