プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもや選択肢が!

連日、治療の選択肢の話で申し訳ありません。昨日は、選択肢が一つ減った、と書きました。

昨夜、寝る時?、眠ってから夢の中で?、ハッと閃きました。

その閃きを元に朝から再度、治療法を求めて検討しました。

閃きは神のお告げ?。

未明、まだ真っ暗な中、起き出して、いつものように愛犬の散歩に行き、朝食を終えてから、お告げに従って検討開始。

どうも感触が良さそう。実現可能か否か、確認の問い合わせをすると、大丈夫そう、との回答。

あくまでも暫定的な答えであって最終回答ではないので、正式には大丈夫か否かは不明なのですが。。。

でも、トライする価値のある選択肢が一つ増えました。

正式にトライしてみてダメだったらしょうがないこと。

元々、閃かなかったら候補にすら挙がらなかったのだから、ダメ元で十分です。

残されている時間が少ないので、あまり悠長に構えているわけにはいきません。

もしかしたら、近々、この選択肢を選択してアクションを起こすかもしれません。

<< 友との有意義な時間 | ホーム | 選択肢減る >>


コメント

なんだか。ワクワクしています。
閃きがフラッシュするのはほんの一瞬だけれど、それを逃さず。チャンスの女神には前髪しかない。紅光さん。新たな行動、始動ですね!生きるチカラがみなぎっている。嬉しいです。皆で頑張りましょう!

Re: R51様

可能性が広がりました。この選択肢を選ぶ場合、その治療法を実施している医療機関を探さなければなりません。自宅から通える範囲にあると良いのですが。昨年、金沢で治療していたことを思えば、多少遠くても通院するつもりです。応援のほど、よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 1/7 9:29に秘信をくれた方へ

初めまして。励ましのコメントをいただき、ありがとうございます。告知を受けた時は右も左もわからない状況でした。これは、皆さん、同じだと思います。がん、という病がどういうものなのか、患者やその家族がどういう闘病生活を送っているのか、がんと無縁の人達にも知ってもらいたいと思っています。がん患者が隣にいて、健康な人たちと一緒に、同じように息をして生活をしている、ということをもっと広く知ってほしいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。