プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんサロンの必要性

昨日、神奈川県のある地域で開かれたがんサロンに参加しました。

参加して思うこと。

地域に根付いて、病に苦しむ人達をサポートする場、とても素晴らしいです。

患者会への入会となると敷居が高く、ためらう人達も多いと思います。

また、人間関係などが煩わしいのでは、と悩む人達もいると思います。

がんサロンやがんカフェのような開放型のおしゃべり会は、ふらりと来て参加できるので、とても良いです。

もっとも、昨日参加していた人達が言っていたように、けっして「ふらり 」ではないのですが。

皆さん、体調等と相談しながら、勇気を振り絞って出かけて来ていました。

それでも、地域に居場所がある、あそこに行けば話を聞いてくれる、という場があるのは、ありがたいことで、大切なことです。

がんを患った人やその家族は、周りに病気のことを承知の上で話をできる人がいないため、孤独感を募らせています。

このような開放型のおしゃべり会の必要性、重要性を改めて認識しました。

がん種を絞った患者会は、そのがん種に関する情報の共有、同病者同士の支え合い、という点で重要であり、必要なものと思います。

がんサロンやがんカフェは、がん種を問わず、地域でのネットワークやサポート、という点で非常に重要であり、必要である、と痛感しています。

閉じられた患者会と、開かれたサロンやカフェ、どちらも必要。

特定のがん種に特化した狭く深い情報を扱う患者会と、がん全般の広く浅い情報を扱うサロンやカフェ、どちらも必要。

<< 寄り添うだけ | ホーム | がんサロン >>


コメント

改めて、昨日はありがとうございました

紅光さま
こんばんは。改めて、昨日はありがとうございました。
求めるものの違い、そして肌合いというのでしょうか、人それぞれの部分もございますでしょうから、選択肢がいくつかあっても良いのかもしれませんね。
何処に行けばどのような集まりがあるか、
何処に問い合わせすればどのような情報が得られるかー
その「糸口」を提供できる、私なりに何か力になる事はないか、考え始めております。

Re: みぃち様

こんばんは。こちらこそ、ありがとうございました。
がんサロンも然り、その他のがん患者にとって有益なシステムも然り、いろいろあるのですが、それらの情報が、必要としている人に届いていない、というのが問題ですよね。患者や家族が、必要な情報に、労せずにアクセスすることができなければ、絵に描いた餅になってしまいます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。