プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下り坂

一日一日と、僅かながらではありますが、ゆっくりと体調は坂を下っているようです。

今の抗がん剤の効きが悪くなってきたのを感じ始めたのは昨年末あたり。

一昨年の11月頃の支え感や食事を摂れない状況に比べればまだマシですが、徐々にその時の感じに近づいているような気がします。

まだ食べられてはいるけれど、食べられる量は減ってきました。

そして、空腹になると、何とも言いようのない不快な吐き気が胃の底から湧き上がってきます。

抗がん剤の副作用による吐き気とはちょっと違う感じ。

この吐き気は、昨年、金沢で治療を受けていた時に感じていた吐き気と同じ(ような気がする)。

昨年の2月中旬頃に苦しんだ時と同じ(ような気がする)。

あの時は、地獄の苦しみ(ちょっとオーバーかな?)。

今は、そこまでの苦しみではないけれど、このままでは、いずれ地獄の中に落ちてしまうかも。

次の薬が効けば、また不快な症状は消えるでしょう。

次の薬、何にするか、検討中。主治医と相談中。

主治医にはすでにこちらの第1希望を伝えてあり、それに向けての準備中です。

その希望が通るか否か。通らない場合は第2希望を提案。

一応、第4希望までは用意してあります。

どれもこれも効くか効かないかは半々ですが。。。

<< 厳しい生存率 | ホーム | 学び3 >>


コメント

時の力

食べられない辛さ。それは、私のような食べない努力が辛いものには、到底わかるものではありませんが、主人のことを振り返ってもとても悲しいことに違いありません。
ただ、次の選択肢が4つもあるという心強さ。それはもちろん紅光さんの自ら切り開いて来た治療への道の素晴らしい成果です。それと同時に、患者にとって残酷である『時』が、一方では味方でもあります。金沢でナルちゃんに、ラムシルマブとTAS-102について提案して見ましたが、一蹴されました。まあ、当時学会としても病院としても胃には使える状態ではなかったのだから仕方ないです。でも、今この時、どちらも最有力候補では無いですか⁉︎あの時、ラムシルマブを併用していたらもっと奏功していたかも、TAS-102であと三ヶ月延命出来たかも。しかし、誰しも配られたカードで勝負するしかないのですから詮無きこと。今この時、有望なお薬や治療法があるということはやはり、天が紅光さんの味方だということだと思います。また、きっと食べられるようになります。絶対。

82歳の父が胃がん闘病中で、こちらのブログにお邪魔するようになり、静かに応援しておりましたが、どうしても今日は言葉にしたくなりました。
どんな表現がよいのか分からないのですが、どうか貴方様の願いが叶いますように、どうか良い時間が沢山ありますようにと祈っています。
どんな薬でもいい、効く薬が沢山ありますようにと祈ります。きっと皆様も祈ってくださっているでしょう。
貴方様の力になれますように。
支えになれますように。

お辛い時、返信はお気遣いなく…でお願いしますね。辛さ…私のは紅光さんの足もとにも及びません。今、空腹時に痛くなり、食欲もなく、でも食べると苦しくなり。私の軽い症状でも辛い。私のは違う癌の薬の副作用でのこと。紅光さんのはどれほどの苦しみか。。そんな状態でありながら、ずっと…そしてなお活動を続ける紅光さま。私は信じたいです。負けない心、そして「食べられる」ことにより生まれる負けないチカラ。(私の緩和ケアの先生によれば、無理して食べることもまた、良くない、食べたくないということはそれだけ体の処理能力が減衰している、その処理能力に見合った量を見極めることが肝要と。)日進月歩の医療、治験、、誰よりご家族が信じてます、私も信じてます。急上昇なくても維持。下降と感じたら…あえて頑張らない。周りが頑張りますから。そんなたくさんの人の思いを感じてください。紅光さまが今までにたくさんの人にあげた分の笑顔。それでたくさんの人が笑顔になっている。その笑顔パワーを紅光さまにきっと皆が何倍にも返し続けます。それが、頑張りの恩返しです。スキルス胃がん…それでも共生してゆくミラクル…絶対ある。いつも今が一番、最先端なんですから。信じてます
辛い時には頑張り過ぎない。頑張りを少し緩めて…でも、それは負けることなんかではないです。負ける心なんて…紅光さんには絶対浮上しないです
癌晴れる…

友・しろいかばさんより

Re: かなしんぼ様

選択肢のどれもが有望、というわけではありませんが、選択肢がないよりはあった方が幸せです。手持ちのカードの中から何を切るか?。本命を先に切るか、あとに残すか?。なかなか難しいです。どれも、やってみなければわからない。私の大好きな実験のようなものですね。

Re: 青い鳥様

励ましのコメント、ありがとうございます。藁をも掴もうとかざした手に青い鳥が止まり、幸運を運んできてくれたかのようです。励ましの言葉が心に沁みました。

Re: しろいかばさん様

ご自身も闘病中であり、辛い中、温かい励ましのコメントをありがとう。不思議な縁でつながり、不思議な重なりがあり、こうして支え合うようになった。そして、その縁は2人だけにとどまらず、昔に戻って拡がっていく。そしてそして、何倍にもなって、生きる力をみなぎらせてくれる。かつての友たちから得るパワー、きっとあなたも感じていることでしょう。

今回は「様」を忘れなかったよ。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。