プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想いを届ける

本日、国立がん研究センターの堀田理事長に冊子「もしかしたらスキルス胃がん」を手渡してきました。

元々、この冊子は、私と家内が堀田先生に会った際に「スキスルに関する正確な情報を詰め込んだ冊子を作り、それを患者や家族に届けたい」と話したことがきっかけで完成しました。

堀田先生は「全面的に協力するから」と国がんの研究所の所長、副所長を呼び、またがん対策情報センター長に声をかけて、協力をするようにと取り計らってくれました。

そのお礼と、できあがった冊子をどうしても手渡ししたいため、国がんに行ってきました。

国がんの理事長とはいえ、医療者です。開口一番、私の体調を気遣ってくれました。そんな心遣いを非常に嬉しく思います。

あれやこれやとがんを取り巻く環境について話を交わし、帰ってきました。

あとは再来週に金沢へ行き、かつての主治医にお礼かたがた冊子を渡せば、冊子については一区切りつきます。

次の課題へ向けて歩み出す時です。

次の課題は、日本での創薬と臨床研究です。これは、がん対策、産業という意味では国家レベルでの話です。

一患者である私にできることなどないに等しいです。でも、例え微々たる一歩であっても、やれることからやっていこうと思っています。

<< 治験選択 | ホーム | 1月CT検査の結果 >>


コメント

いよいよ明日、治験の合否(?)がわかるのですね。祈ります。
「日本での創薬と臨床研究」…紅光さんのとどまるところを知らない創造のチカラ。きっと携わって、癌医療そのものへの問題提起、解消への提唱をされることになるキーパーソンです。皆とともに生き続ける。熱い闘志がみなぎる限り、きっとどこまでも明日は続きます…

祈 友・しろいかばさんより

Re: しろいかばさん

大切な友へ
一緒に闘志をみなぎらせて生き切ろうではありませんか。いつも想い、応援しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。