プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有意義な勉強会

14時から17時まで、宮崎がん勉強会の第2回東京支部会に出席しました。

参加者は、がん患者、がん患者を支えている人、主催のSho先生の友人達、看護師など、総勢15名。

病気、治療法、薬などの質疑応答の他、主に主治医とのコミュニケーションがテーマでした。

大変に濃い~時間でした。参加する価値、大いにあり!。

単にがんについて学ぶ勉強会ではありません。がんを取り巻く環境について考える会です。

がんに関する集まりは、患者と家族と医療関係者、っていうパターンがほとんどです。

でも、この勉強会は違います。

患者でも患者の家族でもない人達。例えば、Sho先生の友人達。この人達が参加している意義は大きいです。

がんを特別視する時代ではありません。皆さんの隣にもがん患者はいます。

2人に1人が、がんにかかる時代です。

通勤や通学の電車内でたまたま居合わせた人達の中にも、がんを患っている人がきっと何人もいます。見た目ではわからなくても、必ずいます。

がんを患っている人もいない人も、同じ世界に生きています。

そう考えると、がんに関する集いに、がんを患っていない人が参加している方が自然なことです。

がんを患っていない人達からは、私達がん患者とは違う視点の素晴らしい話を聴くことができます。

がんを患っていない人達は、私達がん患者から、普段思いもしないような話を聴いていることと思います。

お互いにとって刺激的なことで、とても良いことだと思います。

いずれがんサロンを開きたいと思っています。

そのサロンには、この勉強会のように、患者や家族や医療関係者だけでなく、患者でも家族でもない人達にも集ってもらいたいと思います。

<< 治療方針 | ホーム | 友人との語らい >>


コメント

紅光さま、こんばんは

紅光さま
こんばんは。お疲れ様です。
またまた有意義な学びの時をお過ごしでしたね!
私も今日はお勉強して参りました。
学べば学ぶほどに得るものがたくさん、そして「目から鱗」です。
まだまだ勉強、おそらく一生勉強です。
サロン、立ち上げの際はよろしければお手伝いさせてくださいませ。
隅っこにちょこんと置いて頂ければと存じます。
そうそう、ご冊子拝受いたしました。ありがとうございます!
早速身近なかたにプレゼントして参ります。
今宵は雪となりますかどうか?お体冷やさないようになさってくださいね。

Re: みぃち様

こんばんは。お気遣いいただき、ありがとうございます。今日は市民講座でしたね。こちらの勉強会と重なっていなければ拝聴しに行きたかったのですが。。。14日の日も、希望の会が所属する上部団体の総会があり、そちらに参加できません。残念です。みぃち様も暖かくしてお過ごしください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。