プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃内視鏡マニュアル

共同通信社が、冊子「もしかしたらスキルス胃がん」に関する記事を配信し、その記事が全国の新聞に掲載され始めてから、連日のように問い合わせが相次ぎ、冊子の発送を行っています。

問い合わせの際、何人もの方から「不調を訴えて受診しても胃炎と診断され、なおも不調を訴え続けた末、最初の受診から何ヶ月も経ってから、スキルス性胃ガンとわかった。医師からは『すでに根治手術できる段階ではなく、延命治療しかない』と言われた」との話を聞きました。

私の場合と同じです。

私は、スキルス性胃ガンを、根治手術可能な段階で見つけるには、胃バリウムX線検査よりも胃内視鏡検査の方が適していると思っています。

ただし、スキルス性胃ガンを見抜く技量を有している医師が胃内視鏡検査を行えば、という条件付きですが。。。

スキルス性胃ガンには、以下のような特徴があります。

・胃壁の内面、すなわち胃内視鏡で観察する面は、正常な胃とあまり変わらない、きれいな状態であることが多い。

・がん細胞は、胃壁の中の深い所ではびこるため、胃壁の(きれいな)内面の組織をつまんで生検しても、がん細胞が見つからないことが多い。

従って、スキルス性胃ガンの臨床経験が豊富な医師や胃内視鏡検査でスキルス性胃ガンを見つけたことのある医師でないと、早い段階で見つけることは困難です。

また、スキルス性胃ガンかも、という疑念を持ち、もしスキルス性胃ガンなら絶対に見つける、という思いを持って検査をしないと、見逃しにつながります。

早い段階でのスキルス性胃ガンを見つけるのは、本当に困難です。

関係する学会等で、胃内視鏡検査に携わる医師に、スキルス性胃ガンを見つけ得る検査方法の研修をしていただきたい。

また、普通の胃ガンはもちろん、スキルス性胃ガンを見つけることを可能ならしめる検査手順などをマニュアル化して、徹底させてほしい。

そうすることによって、一人でも多くのスキルス性胃ガン患者を、根治可能な段階で見つけることが可能になるのでは、と思っています。

現状は、胃内視鏡検査でも胃バリウムX線検査でも、根治可能な段階での発見は、かなり珍しいと思っています。

一日でも早く、医師の研修とマニュアルの作成をお願いしたいと思います。

<< 通院ドライブ | ホーム | 超早起き >>


コメント

同感です。理想かもしれませんが、多くの医師が“広く浅く”でもなく“狭く深く”でもなく「広く深く」スキルを磨いていただけると嬉しいです。巡りあった医師によって運命が左右されるのは患者さんも家族も辛いし、後悔の気持ちをぶつけるところもありませんから…。
すみません。思わず投稿してしまいました。

Re: みつよ様

おっしゃる通りです。患者が、身をもって経験したことを発信して、医師を始め、世の人達に現状を知ってもらい、改善への声を上げるしかないのかも、と思っています。

この記事は大変、有意義かつ重要です
この記事をタイムリーに読んで救われるかたが、少なからずいらっしゃるはずです

自分のブログの紅光さまに関する記事にも…ご了解をいただいて、可能な範囲で追記にて、載せたいと希望しております

Re: しろいかばさん

あなた様のブログでも、ぜひ紹介してください。よろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。