プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緩和ケア外来の重要性

今日は、緩和ケア外来の日でした。

緩和ケア外来は、がんの治療をしていく上で、患者本人にとって重要であるのはもちろんですが、家族にとっても極めて重要です。

患者は、身体的な苦痛だけでなく、不安などの心理的な苦痛も感じています。

それらの苦痛を緩和することは、当然のことながら最重要事項であり、それを担うのが緩和ケアです。

家族は、必死で患者を支えようとし、身体的にも精神的にも疲弊しきっています。

家族は、代われるものなら代わりたい、目の前で苦しむ患者に何もしてあげられない、と自分を追い込んでしまいます。

緩和ケア外来は、そんな家族のこともケアしてくれます。

患者は、周りの人から温かい言葉をかけてもらえます。

しかし、家族は、温かい言葉をかけてもらえるどころか、周りから「あなたがしっかりしなさい」と言われてしまうことがあります。

そんな言葉が家族を追い詰めます。

そんな時に、緩和ケアの医師は、話を聴いてくれ、家族を労ってくれて心を軽くしてくれます。

ぜひ、家族も一緒に緩和ケア外来を受診し、不安や悩みを打ち明けてください。

患者と家族の双方が緩和ケアの恩恵を受けることができるでしょう。



<< スキルスに関する市民公開講座のお知らせ | ホーム | 通院ドライブ >>


コメント

そうできたら、どんなに良かったでしょう。今更ながら、後悔と残念が渦巻きます。何しろ義母からのモラハラ、パワハラに私も主人と疲れ切っていましたから。患者なのに、かわいそうでした。

Re: かなしんぼ様

それは大変でしたね。個々の事情があるので、なかなか理想通りとはいかないものですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。