プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドオピニオン

2013年12月の告知後、セカンドオピニオンを受けました。

ネットでいろいろ調べたところ、末期のスキルス性胃ガンの場合は手術しないで抗がん剤で延命を図る方がいい、というのを知って、妻がセカンドオピニオンを受けたい、と言いました。

早速、主治医に相談したところ、快諾してくれました。そして、すぐに診療情報を用意してくれました。

その診療情報を持って癌専門病院の消化器外科を訪ね、セカンドオピニオンを受けました。癌の専門病院には患者さんが溢れており、その患者さん達が皆、癌を患っているんだ、と思うと、スキルス性胃ガンと闘う勇気が湧いてきました。

セカンドオピニオンによって、
・胃を全摘しなければ身体の中にガンが残ること
・抗がん剤治療だけでは根治は望めないこと
・今の治療方針で問題ないこと
がわかりました。

これで、妻も、術前の抗がん剤治療の後に胃の全摘手術をする、という治療方針に納得しました。

tag : セカンドオピニオン 延命

<< 審査腹腔鏡(1回目) | ホーム | 告知2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。