プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを始めた理由1

主に3つの理由があります。

(1)自覚症状を知ってもらうため
(2)友人を励ますため
(3)生きた証を残すため

今記事では、(1)の理由について書きます。

以前の告知前から告知までの記事にも書きましたが、2013年11月の終わりに精密検査を受けるまでの1年ほどの間、(4)~(7)のような自覚症状がありました。

(4)健康な頃の半分にも満たない量を食べただけでも、喉でシャッターが閉まったかのように、それ以上、食べ物も飲み物も胃に入っていかなくなる
(5)喉でシャッターが閉まると、ゲップも出せないため、胃がパンパンで苦しい
(6)胃が動かず、胃の内容物が腸へ流れていかないような感じがして、胃がパンパンで苦しい
(7)苦しい状態が30分~1時間ほど続く

癌の告知を受けてから、インターネットで闘病記のブログを読み漁りました。そうしたら、ブログで、私と同じ自覚症状があったことを書いていらっしゃるスキルス性胃ガンの患者さんがいらっしゃいました。

2013年11月の精密検査に至る前に、このブログにヒットしていれば、もう半年ほど早くスキルス性胃ガンを疑っていたことでしょう。そうすれば、もしかしたらステージ3で、直ぐに胃全摘手術をすることができたかもしれません。

そう思ったので、一人でも多くの人に、スキルス性胃ガンの自覚症状を知ってほしいと思っています。

(4)~(7)のような自覚症状のある方、またはご家族やご友人で(4)~(7)のような自覚症状を訴えている方には、直ぐにでも精密検査を受けてほしいと思っています。

私のブログが、できるだけ多くの方の目に留まり、スキルス性胃ガンの自覚症状を知ってもらえることを願っています。そのために、いくつかのブログのランキングに参加していますが、なかなか上位にはいきませんね(笑)。

<< オランダ×コスタリカ | ホーム | ブラジル×コロンビア >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。