プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治験への道

今日は、午後から外来でした。

主治医から治験の説明を受け、主治医に参加したい旨を伝えました。

その後、2人のCRC(Clinical Research Coordinator、治験コーディネーター)から治験の詳細を説明してもらいました。

次回の外来でいくつか検査をし、問題がなければ治験にエントリーできます。

この治験は、新しい免疫チェックポイント阻害薬の国際共同治験で、第I相試験です。

日本人では、初のエントリーになります。

少量から始め、段階的に投与量を増やしていき、副作用等の有害事象を調べ、人に対して安全に投与できる量を探っていくことになります。

効いてほしい、と切実に願っています。

自分のために、という思いはもちろんありますが、スキルス性胃ガンや胃ガンの腹膜播種に効く薬の開発へ繋がれば、という思いもあります。

スキルス性胃ガンや胃ガンの腹膜播種に免疫チェックポイント阻害薬が効く一例となってほしい、と思っています。

実は、スキルス性胃ガンの患者が入れる治験、特に薬効を調べる第II相や第III相の試験を見つけるのは困難な状況です。

この状況を変えたい、変えなければいけない、自分が治験にエントリーすることによってその状況を変えられれば、と思っています。

<< 宮田先生と会う | ホーム | 愛犬の様子2 >>


コメント

うまくいきますように

第一相の治験への参加は、沢山悩まれたと思いますが、どうか紅光さんの希望の光になりますように願っています。

Re: まゆか様

ありがとうございます。スキルス性胃ガン患者が標準治療の化学療法の終わりを迎えた時に、次の一手として治験を選択することができる、ということを知ってほしくて。

紅光さんの思いに、深く感銘を受けました。
良い結果が得られる様にお祈り致します。

いよいよの挑戦ですね
日本人・初・エントリー。
勇気とフロンティア精神と、調べ尽くし勉強され尽くされた結果としてのご選択。個体としての特性により、どんな副作用を及ぼすのか、奏功するのか、リスクと不安と期待の入り混じった治験、第一相…という条件下。
でも、きっと皆の祈りが後押ししています。

そして紅光さまの…先駆者としての皆様の役に立ちたいという、全ての人への強い想いが尊いです。強い光が導いてくださること、祈っています

Re: Luna Re様

ありがとうございます。私が治験に参加することによって、スキルス性胃ガン患者の皆さんの選択肢が増えたらいいな、と思っています。

Re: しろいかばさん

おはようございます。応援、ありがとうございます。第I相試験は主として安全性を調べるためのものなので、効果があるか否かわかりませんが、効果があることを信じて頑張ります。

治験への参加。頭が下がります。
この勇気ある行動が、後に続くスキルス胃がん患者の道標となるよう祈っております。

Re: maruko様

最後の検査をクリアできれば、来週から治験に入れます。何とか良い結果を出して、新薬がスキルスにも効く、という症例の一つになりたいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。