プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関テレ ザ・ドキュメントを観て

今日、関西に住む友人から「ザ・ドキュメント 岐路に立つ胃がん検診」のVTRが届き、早速、観ました。

余り知られていない胃バリウムX線検査の危険性や見逃しについて丁寧な取材がされていました。

・スキルス性胃ガンを含む胃ガンの早期発見には、胃バリウムX線検査よりも胃内視鏡検査の方が優れる
・スキルス性胃ガンに関して言えば、医師に胃内視鏡検査でスキルス性胃ガンを見抜く技量が必要
・リスク検診(ABC検診)の導入により1段階目のスクリーニングを行い、リスクの高い人にさらに胃内視鏡検査を行い、リスクの低い人にはさらなる検査は不要

という考えに変わりはありません。

番組では、検診を対象としている医師や研究者達と、目の前の患者を救おうとしている臨床医との見解の相違が浮き彫りにされていました。

検診を対象とする医師や研究者達は、国民1人1人の顔を見ず、1億2千万人の国民を一集団としてしか見ていないため、そこにはできるだけ患者に負担をかけずに治そう、という視点が抜けているように思います。

「早期で見つけるのは過剰な治療に繋がるから、早期に見つけるのが良いとは言えない」という、胃バリウムX線検査を推奨している医師の発言には、非常に驚き、違和感を感じました。

この医師は、自分の妻に、子供に、親に、胃内視鏡検査で早期胃ガンが見つかった場合でも
「早期だから、今、治療をするのは過剰な治療に繋がる。もしかしたら胃ガンが大きくならないかもしれない。胃バリウムX線検査で見つけられる位まで胃ガンが大きくなったら開腹手術をして胃を摘出すればよい」
と言えるのでしょうか?。

結局、検診を対象とする医師や研究者達にとって、がんそのものが他人事なんだと思います。

そこには、人を救う、という崇高な理念が欠落しており、単に仕事だからこなしている、という姿勢しか見えません。

「リスク検診では、国民に胃ガンの危険性ありとレッテルを貼るだけに過ぎない」と言った医師が映し出されていました。

そうならないために、そこから先、何をするか、どうしたら良いのか、を考えるのが、この医師達の仕事の筈なのに、完全に思考が停止しています。

こういう医師は、屁理屈だけは言えるが、行動を起こせない役に立たないタイプで、物事の進みを止める非創造的な人です。

人命を救うとはどういうことか、という根本的なところをわかっていないとしか言いようがありません。

映像中でも紹介されていましたが、スキルス性胃ガンでは、女性の場合、若い方が多い。

新婚でこれから家庭を築いていこうとしていた、あるいは子供を産んだばかり、そんな女性達が死んでいっています。

この現実を目の当たりにしても「早期に見つけるのが良いとは言えない」と言えるのでしょうか?。

<< 先立つ(であろう)者の想い | ホーム | 友と電話で >>


コメント

「お医者様」という仕事

紅光様

ご無沙汰しております。大変な闘いを日々されている皆様の中に割り込んではいけないと思い、コメントは差し控えさせて頂いておりました。

 番組を見させて頂きました。
本当に意識の違いに驚きました。過剰診療?なぜいけないのでしょうか? 少しでも早い段階で異常をみつけて検査、そして早期発見。早期治療がなぜいけないのでしょう?
理解できません。

 いつも思っている事ですが、その立場、職業において「様」がつくのは「お医者様」だけです。
 敬われるのはなぜなのか? 大切な「人の命」を預けられるということ、その重責に堪えて日々勉強を怠る事無く病に立ち向かう。
ほとんどのドクターがそうであると信じたいです。

斜に構えた姿勢で、個々の命ではなく、数字で見てしまう医師のコメントに疑問と腹立たしさを感じました。

 父が4年目にしてマーカーが上昇してしまいました。
父を救って下さった先生は一旦臨床を離れ、大学病院にいかれ、一年半後戻ってこられましたが、その間、担当医が変わってしまっていました。そしてその担当医の姿勢が今回の番組の疑問を持った医師にそっくりでした。異常を見つけてから2ヶ月放置され、今月慌ててペット検査となりました。

もとの担当の先生になんとかお会いでき、お話ができました。
忙しい時間を裂き、じっくり話を聞いて下さり、明確な指示と説明を頂けました。本当に素晴らしい先生です。
「治療を始めなくてはならない結果となれば、必ず私が担当します。そして今日お会いした事は担当医には今は話しませんから、安心して下さい。私もちゃんと、今回の結果は見ておきますからね。」と言って下さいました。隅々までのお心遣いを本当にありがたいと思いました。そして本当のお医者様に出会えた幸運に感謝しました。

もし、父がこのまま救われないとしましても、この先生に最後まで診て頂けるのなら本望です。父も私も同じ気持ちです。
 残念ながら、どんな名医にも助けられない病はあります。
けれど、心から信頼できる医師のもとであれば少しでも心は穏やかに過ごせます。病以外のストレスにさらされる事は無くなります。

外来で、たくさん診察室が並ぶ中で、アナウンスや番号ではなく、わざわざ部屋から出て来て一人一人の患者を迎えに来てくださる先生。このような医師を私は他に知りません。

外来で診察をもちながら、毎朝病棟には7時前に出勤し、担当患者に声をかけに来て不安を取り除いてくれます。日に何度もベッドサイドにこられ話していかれます。雑談の様に見せながら、きめこまやかに患者の様子を確認し、不安やストレスを取り除こうとして下さる姿勢に頭が下がります。

「京都の大学病院で研究室に入るのです」といって離れられましたが、その姿勢も素晴らしいと思いました。

紅光さまにのまわりの「お医者様」も素晴らしい方ばかりです。
命に対する真剣と、希望の会のリーダーとしての姿勢と、
何より、ご自身の病の快方と同時に同病の方のための治験への参加。そんな尊い志が、素晴らしいお医者様の心を動かしているのだと思います。

やっと、一番前にきましたね。一日でも長く生きて素晴らしい治療法を待つ力強い行列の。

どうぞ、治験のお薬が良い結果がでますよう、心よりお祈りしております。

きちこ

はじめまして

去年の一月、母がスキルス胃ガンと診断され、色々検索する中、こちらにたどり着きました。
今までは、皆さんのように素晴らしいことも説得力がある事も文字にする力がなく、拝見するだけでした。
今母は大変厳しい状況で、抗がん剤も使い果たして、ただ栄養剤の点滴程度の措置しかできることがない状況です。
テレビ、たまたま拝見しました。
今まで、こちらで見る精力的に活動されている紅光さんのことを、誤解していました。
歩くのもムリ、食事なんてとんでもない、一日にのりを2枚とおかきを3枚がやっとの母を見ていると、精力的に活動され、また報告できることがあることに羨ましく思っていました。
でも大変さは同じなんですね。
キツイですよね、副作用も。
見えないって怖いですよね。
こんな当たり前のことも分からなくなっていたなんて。。。
私もおかしくなっていたのかもしれません。
誤解していてすみませんでした。
今まで以上に、応援します。

最後に、テレビでよしちゃんさんを拝見できて、本当に嬉しかったです。一方的にですが、ずっと応援してました。
笑顔、見られて泣いてしまいました。

Re: きちこ様

お久しぶりです。その後、お加減はいかがですか?。いつも応援していただき、ありがとうございます。患者を救う熱意に溢れている医師に出会うと自然と頭が下がります。そんな医師が増えていってほしいですね。
明日から数日間、入院して、治験に入ります。

Re: サラ様

初めまして。コメントをいただき、ありがとうございます。お母様もサラさんもお辛いですね。少しでも苦痛が取り除かれ、食べることができるようになり、QOLの高い毎日を送れることを祈っています。
私も、よしちゃんさんの生前の姿に思わず涙してしまいました。何度も会いに行き、電話で話をし、互いに励まし合ってきた仲でした。訃報が届いた時は悔しくてなりませんでした。
スキルス胃がんを取り巻く環境が少しでも良くなるよう、生きているうちにできるだけのことをしておこうと思っています。応援のほど、よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 3/16 19:32に秘信をくれた方へ

患者とそうでない人、臨床医とそうでない医師、それらの対比が鮮やかに描き出されていたと思います。患者に向き合わない医師の言葉に愕然としました。そういう医師の必要性が全くわかりません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。