プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先立つ(であろう)者の想い

家内と2人で取材を受けました。

告知の頃から今日に至るまでの2人の関わり合い方を丁寧に追うような取材内容でした。

取材を通して、治療、それも根治は望めない、症状緩和と延命を目的とした治療を、きつくても続ける理由を再確認しました。

それは、遺された家族が悲しむ日が来るのを少しでも先送りしたい。

その日が来るのは確実ではあるけれど、1日でも先延ばしできれば、との想いです。

毎日毎日、悲しんで暮らすのではなく、家内が、息子が、娘が、それぞれ、悲しいながらも何らかの幸せを少しでも感じて生活できるようになるまで、先送りできれば。

例えば、家内であれば、支えてくれる友人達が周りに溢れるほどいてほしい。

息子や娘であれば、それぞれが家庭を持ち、親のことよりも自分達の家庭の幸せのために一所懸命に毎日を送ってほしい。

そんな日が来るまで、旅立つ日を先へ先へと送っていきたいと思っています。

<< 入院しました | ホーム | 関テレ ザ・ドキュメントを観て >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 3/16 18:41に秘信をくれた方へ

自分の最期の覚悟ができると、想いは家族など大切な人へ向かうのは、誰しも同じなのでしょうね。先に逝く人よりも遺された人の方が果てしなく辛く悲しいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。