プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早期緩和ケアと支持療法

早期緩和ケアと支持療法の違いは何でしょう。

緩和ケアの学会では、両者は違うものであり、その違いを明確にしているそうです(あくまでも伝聞情報ですが)。

私の理解としては、支持療法は早期緩和ケアに包含される、です。

早期緩和ケアには、吐き気や痛みなどの身体的苦痛を緩和すること、不安などの心理的苦痛を緩和すること、金銭面や就労面などの社会的な苦痛を緩和すること、すなわち全人的な苦痛を緩和することが含まれていると思っています。

支持療法は、そのうち身体的な苦痛を緩和することが主であり、あるいは心理的苦痛の緩和も含むかもしれませんが、社会的な苦痛の緩和までは含まないのかな、と思っています。

身体的な苦痛を緩和することは外科や内科の専門医でもできますが、早期緩和ケアは緩和の専門医が適任でしょう。

外科や内科の主治医と緩和医との連携が密に取れるのであれば、両者を含むチーム医療が良いと思っています。

両科にかかる手間が増え、両科の医師に同じ説明をする必要が生じるかもしれませんが。。。

<< 治験薬の効果か転移か? | ホーム | 支持療法チーム >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。