プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べたい

テレビを観ていると、寿司や鰻やラーメンなど、美味しそうな食べ物が次から次と出てきます。

抗がん剤の副作用で食べられない、といっても、いろいろな段階があります。
(1)全くお腹が空かず、食べる気が起きない段階
(2)お腹は空かないけど、食べる気が起きる段階
(3)お腹が空くけど、味覚障害のため、一口食べると受け付けなくなってしまう段階
(4)一口目は味を感じることができるけど、二口目以降は味がわからず、ただ胃に流し込むだけの段階
など。

どれもツライけど、(3)が一番ツライかな。もう7ヶ月も本来の美味しさを味わって美味しい物を食べていないなぁ。QOL(生活の質)が下がってます。

早く、食材や料理の本来の味を味わいながら食事をしたいです。日々、死を意識しながら生活してるのに、食べる楽しみを奪われてしまうのは非常に酷です。

<< 九十九里ドライブ | ホーム | 信長モノ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。