プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緩和ケア外来

朝一で緩和ケア外来に来ました。もう診察は終わって、今テラスで一休み中です。

トポテシンによる吐き気が割とあって不快なのと、放射線食道炎でヒリヒリと焼け付くような胸焼けで、結構、辛いです。

お腹は空くけど、食べる気が起きない。何を食べられるか、わからない。そんな状況です。

午後から打合せが2件。どちらも場所は、今いる病院の近く。吐き気と食道炎がなければ寿司などを食べるのですが。

昨日も浜松まで行ったのに、不調で鰻を食べずに帰ってきました。残念!

さて、そろそろ何かお腹に入れておかないと。

今朝もオピオイド鎮痛剤

昨夜、そろそろオピオイドによる鎮痛効果が薄れてきたかな、と思いながら寝ました。今週の月曜に服用したオピオイドの効果の持続性を知りたかったので、途中で追加で飲むことはしませんでした。

オピオイドを服用して3日目の夜には効果が切れかかった予感が。

案の定、今朝方、寝返りで痛くて目が覚めました。その後、痛くて寝付けそうにないので、オピオイドを服用しました。しばらくすると、寝返りしても痛くなくなり、朝まで眠ることができました。

相変わらず、非オピオイド系鎮痛剤を毎食後に飲んでいます。今朝方、オピオイドを服用したことにより、起きてからは痛みが薄らいでおり、午前中にジムへ行って1時間ほど走ってきました。

その後は、岩盤浴で40分ほど体を温め、帰ってきました。1時間走れるのもオピオイドのおかげです。

治療早期から緩和ケアの恩恵を受け、痛みを我慢せずに痛み止めを用いることは、QOLを保つ上で重要なことであると改めて思いました。

痛み止めの服用を拒み、陰に隠れて薬を廃棄しているという話も耳にします。痛みを我慢することに何のメリットもありません。痛みがないからこそQOLを犠牲にすることなく治療を続けていけるのです。

痛みは体力を奪います。治療を継続する上で痛みは百害あって一利なしです。

緩和ケア外来などにかかって、積極的に痛みの緩和を図りましょう。また、100%とは言いませんが、元気だった頃の生活に少しでも近づくことができますよ。

まだ使ってみたのは2回だけですが、医療用麻薬だって怖いものではありません。痛みが軽いうちから適量を模索しながら使っていくことによって、特に違和感などを感じることなく、普通に生活でき、痛みだけを上手に取ることができます。

痛みが強くなってから医療用麻薬を使おうとすると、痛みが強い分、効きの強い鎮痛剤を使うことになり、その分副作用も強く出てしまい、不快な症状を味わうことになります。

癌性疼痛を感じている方、ぜひ痛みが軽いうちから、オピオイド、非オピオイドを問わず、痛み止めの使用を始めましょう。それが、病状が進んで痛みが強くなってきた時でも上手く痛みをコントロールできることに繋がります。

痛みを我慢している方、一度、検討してみてください。

痛み止めの効果

骨転移の痛みを緩和するため、先週の水曜日から一日3回毎食後に非オピオイド系の鎮痛剤を服用しています。この鎮痛剤の他に、レスキューとしてオピオイド系の鎮痛剤も処方されています。

同時期に両方の服用を開始してしまうと、どちらの薬効によって痛みが緩和されているのかわからなくなるので、まずは非オピオイド系の鎮痛剤のみを服用し始めました。

先週水曜日の午後から服用を開始したところ、少し痛みが緩和されたように感じました。でも、完全に痛みが消えるわけではなく、常時、鈍い痛みが残りました。

木、金、土、日、月の昼まで5日間服用し続けました。その間、常時、鈍い痛みが続いたままでした。ただ、確かに鎮痛剤を服用し始める前に比べれば、痛みは緩和されています。

この間、オピオイド系の鎮痛剤を服用しなかったのは、非オピオイド系鎮痛剤の血中濃度が十分に高まるのを待っていたからです。5間服用し続ければ血中濃度も高まったと思うのですが、それでも鈍い痛みは完全には取れませんでした。

そこで、月曜の夜に初めてオピオイド系鎮痛剤を服用してみました。服用後、急速に鈍い痛みが引くということはなかったですが、月曜の夜はよく眠れました。それまでは、寝返りを打つたびに痛くて目が覚めていました。

つまり、オピオイド系鎮痛剤によって寝返りをしても痛みを感じなくなっていたのです。その後は、オピオイド系鎮痛剤を服用していないのです(非オピオイド系鎮痛剤の服用は続けています)が、寝返りしても目が覚めない、痛くない、という効果は今朝の段階でも続いています。

今日の昼間は、少し効果が薄れてきたようで、背中に鈍い痛みが復活してきたようです。様子を見て、またオピオイド系鎮痛剤を試してみようと思っています。

今回の試行によって、痛みが軽いうちは非オピオイド系鎮痛剤で対処できますが、途中でオピオイド系鎮痛剤を服用することで痛み止めの効果が上がり、その効果が持続するということがわかりました。

しばらくの間、非オピオイド系鎮痛剤とオピオイド系鎮痛剤の服用パターンを試行錯誤してみようと思っています。

初緩和ケア外来

今日は、今月転院したS病院の緩和ケア外来です。今、S病院へ向かう電車の中です。

緩和ケア科の担当医は部長のH先生です。良い先生と評判の先生です。

元の病院の主治医も、S病院に転院する挨拶に行った時に「S病院の緩和ケア科にはH先生という素晴らしい先生がいますよ。」と言っていました。

どんな先生か、楽しみです。自分達が思い描くような先生であれば、O先生、T先生、H先生を含む医療チームに全幅の信頼を寄せて治療に専念できます。

| ホーム |


前のページ «  ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。