プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃内視鏡と審査腹腔鏡(3回目)の結果

先週の胃内視鏡と審査腹腔鏡の結果を聞きに病院に来ています。

胃から採取した組織の生検の結果、胃と食道との境界付近からは、癌細胞が見つかりませんでした。これで、胃を全摘して、小腸に食道を繋ぐことができます。

前回同様、骨盤底から採取した腹腔内洗浄液からは、癌細胞が見つかりませんでした。

しかしながら、これも前回と同様ですが、左横隔膜下から採取した腹腔内洗浄液に癌細胞が含まれている可能性が指摘されました。

このような結果を踏まえて、
・月末に予定していた胃全摘手術を延期する
・より治療効果を上げるため、もう2~3クールほど抗がん剤治療を継続する
・その間、病状が悪化しなくて、現状維持か、良くなっていれば、胃の全摘手術をする
という方針が、医師と患者(自分)の双方の納得の上、決まりました。

今日から抗がん剤治療の7クール目を始めます。今、外来治療室でドセタキセルを点滴しています。今夜からTS-1の服用開始です。

頑張るぞー!

tag : 胃内視鏡 審査 腹腔鏡 結果

結果を聞きに行きます

今日、先週受けた胃内視鏡と3回目の審査腹腔鏡の結果を聞きに行きます。

今日の結果に基づいて、今月末に予定通り胃全摘手術を行うか、もう何クールか抗がん剤治療を継続するか、が決まります。どちらになるか、ドキドキ、ワクワクです。

2013年12月以来、胃全摘手術を目指して抗がん剤治療を行ってきたので、できれば予定通りに今月末に胃全摘手術を行いたいです。

どちらに決まるにしても、今日は、結果を聞いた後、ドセタキセルの点滴を行う予定です。今月末に胃全摘手術を行わずに、抗がん剤治療を続ける場合には、7クール目の抗がん剤治療を開始することになります。

今月末に胃全摘手術を行う場合でも、先月中旬に抗がん剤治療を中断してから胃全摘手術を行うまでに1ヶ月半の期間が経過してしまうので、軽くドセタキセルを点滴するそうです。

tag : ドセタキセル 胃内視鏡 審査 腹腔鏡

退院

2014年5月10日、これから退院です。

明け方までは、腹腔鏡手術の傷跡が痛んでいましたが、朝、起きた時には痛みがなくなっていました。

病院には、いろいろな人がいて、なかなか熟睡できません。イビキをかくのはお互いさまなので、何とも思いませんが、翌朝の退院に備えて、夜中の3時頃からガタゴト、カサカサと荷物の片付けを始めた人には閉口しました。煩くて眠るどころではありませんでした。

tag : 退院

胃内視鏡と審査腹腔鏡(3回目)

2014年5月、CT検査の翌週に入院し、胃内視鏡と3回目の審査腹腔鏡下手術を受けました。

2013年11月に内視鏡を行った時に、胃と食道との境に近い所からも癌細胞が見つかっていました。食道に近い所にガンがあると、胃を全摘して食道と小腸を繋ぐのに支障があるらしいのです。

今回の内視鏡では、食道に近い所のガンは、見た目では小さくはなっているのですが、完全に消滅しているわけではないみたい、とのことでした。正確な結果は生検の結果待ちです。

審査腹腔鏡は、前回(2014年3月)の審査腹腔鏡と同様で、他の臓器や腹膜への転移の有無を調べました。また組織や腹腔内洗浄液を採取し、生検を行って癌細胞の有無を確かめました。こちらも生検の結果待ちです。

tag : 腹腔鏡 審査 胃内視鏡 生検

審査腹腔鏡(2回目)

2014年3月、CT検査の翌週に入院し、2回目の審査腹腔鏡下手術を受けました。

前回(2013年12月)の審査腹腔鏡と同様に、他の臓器や腹膜への転移の有無を調べました。また組織や腹水や腹腔内洗浄液を採取し、生検を行って癌細胞の有無を確かめました。

審査の結果、骨盤底から採取した腹腔内洗浄液及び肝下面から採取した腹腔内洗浄液には、悪性を疑う細胞所見は認められませんでした。

しかし、左横隔膜下から採取した腹腔内洗浄液には、悪性を疑う細胞所見が認められました。また、腹膜及び大網に腫瘍細胞が僅かに見つかりました。

このような状態で胃全摘手術を行っても、腹膜に残っている癌細胞が手術後に増殖すれば、早期に再発ということになるため、
・現段階では胃全摘手術を行わない
・もう2クールほど抗がん剤治療を行った後、再び胃全摘手術を行うか否かを判断するのが良い
との説明を主治医から受けました。

そして、翌週から5クール目の抗がん剤治療を始めることにしました。

tag : 腹腔鏡 審査 腹水 癌細胞

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。